【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>
スポンサーリンク

【愛媛】宇和島の「じゃこ天うどん」 小魚の旨味がたっぷり凝縮!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

愛媛のお土産としても全国的に有名なのが、「じゃこ天」です。

宇和島で獲れる小魚(ほたるじゃこ、えそ、たら、ひめじ)が主原料になっていて、小魚の骨ごと・皮つきのまますり身にして油で揚げたもの。

海の幸が豊富な宇和島ならでは代表的な練り物のひとつです。

昔より宇和島では、魚のすり身の揚げ物のことを「天ぷら」と呼び、小魚の骨や皮をそのまますり身にして揚げたものを「皮天ぷら」と呼んでいます。
じゃこ天の名前は説がいくつかありますが、小魚=雑魚でつくることから雑魚天(ざこてん)と名付けられたものが、名前が変化して「じゃこ天」となったそうです。

今回、私が空港で買ったのは、こちらのおかだ蒲鉾さんの「じゃこ天」です。

じゃこ天

公式サイトおかだ蒲鉾

じゃこ天はそのまま食べてもよし(なま食いスタイル)、少し焦げ目がつく程度に網で炙ったり、フライパンで温めていただくもよし。
炙れば、香ばしさが際立ちます。

また刻んでチャーハンの具として混ぜたり、他の根菜や野菜と一緒に煮物にするなど、いろいろなバリエーションで楽しむことができます。

そのまま軽く焼き色をつけてビールのおともに考えましたが、まずはお昼の軽食として、うどんの具として使ってみました。

宇和島のスローフード、じゃこ天を堪能できるシンプルなじゃこ天うどん。
体あったりますよー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンプルじゃこ天うどんのレシピ

【材料(2人前)】

・じゃこ天 2枚

・うどん 2玉(冷凍うどんでも可能)

・生姜 1片

・小ネギ 2本程度

・水 800cc

・顆粒鶏ガラスープの素 小さじ1~2 お好みで

・顆粒和風だし 小さじ1~2 お好みで

・塩 適量

【作り方】

1.じゃこ天を食べやすいサイズに切り分ける。

2.生姜は千切り、小ネギは小口切りにする。

3.鍋に水を800ccいれて沸騰させ、鶏ガラスープと和風だしを加えてよく溶かす。

4.冷凍うどん、生姜、1の切り分けたじゃこ天をいれて、沸騰させる。※うどん投入のタイミングは茹で時間による。

5.器にうどん、じゃこ天をのせたら、鍋のスープをかけ、小口切りにした小ネギをちらして出来があり。

dalahastのつくってみた感想やポイントなど

海の幸の旨味が凝縮されたじゃこ天を使ったシンプルなうどん。これからの季節にぴったりな体の芯から温まるレシピです。

1.じゃこ天を一緒に煮込むことで、小魚の旨味が凝縮されたスープになる。

2.アクセントに薬味の小ネギ、七味唐辛子があれば、より美味しい。

オススメ度:★★★★★ 

\宇和島のじゃこ天/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。