浴室のガラス・鏡のウロコ汚れを綺麗にするグラスパワーがすごい。

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 335

2013年版記事:年末掃除なんて怖くない!年末掃除を極めた男

年末の大掃除の際、クエン酸などいろいろためしてみたものの、どうしても取り除くことができなかった、浴室の鏡の石鹸カスのようなもの。 鏡の残ったウロコのようなものですが、水道水に含まれるカルシウムが固化したもので、スケールというようです。

Sponsored link

スケール除去にはグラスパワーがオススメ

この頑固な汚れ、スケール除去になにかよい方法がないか?とネットで調べて購入したのが「グラスパワー」というスケール除去剤です。プロの掃除業者が使う!?ということで早速取り寄せました。

グラスパワー200g(スポンジ付)で約2,000円です。

グラスパワー1

スケール除去前の様子。数年放置状態でしたので、ふつうには取れません。
グラスパワー前3グラスパワー前2

ちなみに蛇口のステンレスなどの汚れにも対応していますので、あわせて塗布。塗布後、2~3分放置します。放置しすぎると塗布した洗剤が固まってしまいますので、2~3分程度がよさげです。
グラスパワーmigakumaeグラスパワー前

2~3分後、付属するスポンジでごしごし擦っていきます。洗剤がついていると取れているのかわかりませんが、水をかけて乾かした後、きれいになっているのが一目瞭然です。新品同様ピカピカになります。かなり頑固な汚れの場合、2~3回繰り返すとよいと思います。我が家は2回やってほぼきれいになりました。
グラスパワー後2グラスパワー後3

同様の商品がいろいろあるようですが、クリームの量が多めだったこともあり今回お得なグラスパワーを選択しました。一度試してみるべき洗剤だとおもいます。おすすめです。d=(´▽`)=b

日頃のお手入れでスケール予防

※2013/11/28追記
最近になって、スケールを事前に予防するために、スクイージーを購入しました。
スクイージーは滑らかいゴム製のブレードが先端についたT字型の水滴除去のための道具です。

スクイージーは普段は窓掃除用に使っていますが、今回はお風呂用に別途、掃除用具で有名な山崎産業さんの「Satto ウォータースクイジー ホワイト」をAmazonでゲット。
本体はポリプロピレン、先端のゴムはエラストマー樹脂となっているので、特にお風呂場などの水回りで使うには最適です。

使い方は簡単。 風呂上りにスクイージーで鏡についた水滴をサット切るだけ。基本は縦。最後の下の方は横にしてサット水を切ります。

窓掃除用には同じ山崎産業さんから発売しているこちらのスクイージーをおすすめします。
先端のゴムは劣化した場合、ゴム部分だけ購入すれば交換可能です。
また別売りの伸縮ポールを接続すると高い場所にも届きます。

2013年版記事:年末掃除なんて怖くない!年末掃除を極めた男

お風呂掃除やベランダ・玄関掃除に大活躍の高圧洗浄機はおすすめ

高圧洗浄機はずっと気になっていましたが、音が大きいのと収納場所の問題で悩んでいました。
日本の住宅事情にあわせた静穏性の高い高圧洗浄機のベランダクリーナーという新しい商品がケルヒャーから発売されたので課題は解決。早速購入しました。
その効果は聞くよりも実際使ってみると明白。 これは時短掃除にはかかせない道具です。
レビューは下記リンクからどうぞ。

ケルヒャーベランダクリーナー

ケルヒャーのベランダクリーナーを購入しました
ベランダクリーナー蛇口用ニップルを探す
洗濯機から分水できる便利な分岐栓
ケルヒャーベランダクリーナーでお掃除も時短できる

2013年版記事:年末掃除なんて怖くない!年末掃除を極めた男

Sponsored link
SNSアイコンテスト
浴室のガラス・鏡のウロコ汚れを綺麗にするグラスパワーがすごい。
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

Sponsored link

このサイトをフォローする