SONY BRAVIA KDL-40HX850 購入レビュー

この記事の所要時間: 42

ベットルーム用にSONYのBRAVIA KDL-40HX850を購入しました。 今春に発売された2012年プレミアモデル(3D対応フルHD)です。
nasneを購入したことにより各部屋から録画した番組を視聴できる環境が整ったこともあり、ベットルーム用にも1台DLNA対応のテレビを探していたのでまさにぴったりの商品です。

箱は横長で、40インチサイズの割には非常に大きいです。^-^; 両手を広げてつかめるぐらいの幅。
BRAVIA KDL40-HX850-箱

◆SONY BRAVIA KDL-40HX850の主な特徴 (ネットワーク機能)

リビングではBRAVIAの旧モデルW5を使っていますが、ネットワーク機能がSEN(Sony Network Entertainment)に対応していないこと以外は特に不満はありません。
もともとネット動画はもっぱらiPhoneやiPadで視聴したり、AppleTVへAirplayで飛ばしてBRAVIAの大画面で視聴することができるので、そもそもハードウェアのスペックとして、さくさく動作が期待できないTVでのブラウジングやその他ネットワ-クサービスの機能は正直期待していませんでした。
レンタルを動画を視聴するのであればAppleTVでさくさくっと視聴すれば事足りるので、正直SENは個人的には必要ないのですが、この新しいBRAVIAではW5よりも多機能且つやや動作がやや機敏になっていたことには少し驚きました。

またW5と違って、最近のBRAVIAにはTV本体にn対応のWiFi機能がついていますので、WiFiアダプターは別途購入する必要はありません。もちろん有線LANもついていますので、住環境によっては無線では速度的に不足だった場合、有線へ切り替えることも可能です。

BRAVIA KDL-40HX850_001

BRAVIA KDL-40HX850_003

◆BRAVIA HX850の良かった点

・本体が軽くて薄い! スタンドの奥行が26.8cm、本体の厚さも
・掃除がしやすい!
裏面はスチール製で凸凹が少ないため、さっとひと拭きで埃を取ることができます。
・リモコンがコンパクトで軽い!
・無線LAN内蔵!
・外付けUSB HDD対応(2TBまで)

◆BRAVIA HX850のいまいち?な点

デザインや薄さ、機能面では文句はないBRAVIA HX850ですが、いくつか気になる点がありました。

・液晶TVの裏面がスチール製のため、太陽光により非常に熱くなる。
W5は厚めでプラスチック製なので触れないほど熱くはならなかったので、ここは想定外。
リビング据え置きはあきらめて、当初予定通り、ベッドルームへ。

・スイーベルがW5に比べると角度が厳しく、おもった以上にスィーベルできない。
調べると、HX850のスイーベル角度は左右15度。W5は左右20度です。
その差5度は大きかったですので、購入する際は店舗でその視野角を確認したほうがよいと思います。

・リモコンが小さく細くなった半面、リモコンを見ないで操作した場合ボタンを押し間違えやすい(慣れれば解決?)。

・DLNAネットワークにつながった機器へのアクセスがしづらい(機能が増えた分、アクセスするステップが多い)。
W5のルームリンクでは簡単にアクセスできるので、その差がかなり大きいです。機能満載の代償でしょうか。

・正直、いらないネットワークサービスやアプリが多数・・・(無理やり付加価値つけすぎ感)
アプリキャストとかぶっちゃけ不要。わざわざセッティングして誰が見るのか・・・^-^;

・スピーカーは・・・
あまり音にはうるさくない私ですが、「S-Forceフロントサラウンド3D」が採用されているものの、単体よりはサラウンド付きのTV台や別途スピーカーをつけたほうが断然よいと思 います。

・SONYロゴが光らない
W5は起動時にSONYロゴが光っていたのですが、こちらは光りません。 エコでよいのですが、光るとかっこいい!

とりあえずスイーベルを使いたいので、モノシリックデザインが好評なサウンドバースタンド「SU-B403S」は今回は見送ることにしましたが、TVの高さが抑えられることと、スピーカーが増えることで多少なりとも音がよくなるとの口コミから気になっています・・・ 価格も1万少し程度ですので買ってしまおうかな。
問題は設置すると画面が上に6度傾く点とスイーベルができなくなる点。悩ましい。

このクラスで10万円を切る価格設定。確かW5は20万円近くだったと記憶するので、安くなったものです。
HX850はなかなか良いテレビだったので、親にもプレゼントしてあげようと思っています。^-^

モノシリックデザインHX850

◆nasneとの相性は?

7月末に購入以来、放置気味のnasneもようやく寝室のBRAVIAによって日の目をみるのか・・・?

nasneである必要はないのですが、DLNA対応のBRAVIAではネットワーク内のBDレコーダーやNASのコンテンツ(動画、写真、音楽)を視聴することができます。BRAVIA KDL-40HX850は無線LANを内蔵しているので、別途アダプターを購入する必要もなく、余計なケーブルも増えないので配線まわりもスッキリ!見た目も美しいです。

次回以降、nasneはPS VITAのtorne(トルネ)リリースが20日にあるので、iOS用のTwonky Beamのレビューと合わせて詳しくレビューしたいと思っています。

↓ nasneにとりだめた動画コンテンツも快適アクセスです。 BRAVIAからダイレクトに視聴できるのは非常に便利。
HX850-nasne

↓youtubeやHulu(別途契約が必要)も大画面で視聴可能です。検索がリモコンで入力はきついですが・・・BRAVIA KDL40-HX850-3HX850-hulu

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク