長期金利上昇受け1月から住宅ローン金利引き上げへ

この記事の所要時間: 120

長期金利の上昇を受け、大手銀行などは1月から住宅ローン金利を引き上げることを発表しました。長期金利の指標となる10年物日本国債の利回りは、11月に一時0.7%を下回り、9年5カ月ぶりの水準まで低下しましたが、安倍新政権が補正予算の編成で、新たに国債を発行する方針を示したこともあり、0.8%前後まで上昇しています。
このため、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などの大手銀行は、過去最低だった住宅ローンの金利を1月から引き上げることを決めました。特に利用者が多い、金利の固定期間が10年のローンは、最優遇金利が12月より0.05%高い年1.35%になるとのこと。

FNN NES CHANNEL
大手銀行など、長期金利上昇受け1月から住宅ローン金利引き上げ(12/12/29)

121628839
いずれにしても現在の金利は低水準レベルですので、借換えによるメリットがある方には借換えを検討する良いタイミングではないでしょうか?

但し、借換えを申込んで融資実行までには実際1ヵ月半程度はみておいたほうがよさそうです。詳しくは過去の記事(はじめての住宅ローンフラット35への借換え融資実践記)をご覧ください。

◆はじめての住宅ローンフラット35への借換え融資実践記

住宅ローン フラット35へ借換の記録その1
フラット35借換えの取扱い窓口を探す
フラット35借換えの窓口 三社三様
住宅ローン借入申込書が来る前に準備しておくべきこと
フラット35借換え融資申込書が到着した後に
住宅ローン借換の効果があるかどうかの判断基準とは
住宅ローン金利が過去最低更新
フラット35の仮承認に向けてやるべきリスト
フラット35本承認の取得に向けてやること
フラット35借換え融資 司法書士編
フラット借換え融資-銀行との契約フェーズへ
フラット35借換え融資 完済から融資実行へ
借換え時の住宅ローン控除で注意すべきこと

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク