長期固定金利上昇 住宅ローン固定金利上昇へ

この記事の所要時間: 121

大手銀行は長期金利が上昇傾向にあることを受けて、固定タイプの住宅ローンの金利を5月に続いて、6月分についても引き上げることを発表しました。
大手銀が住宅ローン金利を上げるのは2カ月連続。三菱東京UFJ銀行の場合、固定金利5年(最優遇)は年1.05%から1.2%に、固定10年は1.4%から1.6%にそれぞれ上がります。歴史的にみればまだまだ低い水準ですが、史上最低だった昨年12月の1.3%から半年で0.3%上昇しています。

133892669

私が昨年12月に借換えで利用したフラット35についても例外でなく、6月の適用金利が発表されています。フラット35では15年以上~20年以下で年1.74%(先月は1.54%)、21年以上~35年以下で年2.03%(先月は1.810%)となっています。

金利

地価の上昇気配や消費増税の駆け込み需要から住宅の購入意欲は高まりつつある一方で、金利上昇気配から変動から固定金利への借換えが増えてきているようです。
手数料が安い楽天銀行でのフラット35への借換えについては、こちらの過去記事をご参照ください。

◆はじめての住宅ローンフラット35への借換え融資実践記

住宅ローン フラット35へ借換の記録その1
フラット35借換えの取扱い窓口を探す
フラット35借換えの窓口 三社三様
住宅ローン借入申込書が来る前に準備しておくべきこと
フラット35借換え融資申込書が到着した後に
住宅ローン借換の効果があるかどうかの判断基準とは
住宅ローン金利が過去最低更新
フラット35の仮承認に向けてやるべきリスト
フラット35本承認の取得に向けてやること
フラット35借換え融資 司法書士編
フラット借換え融資-銀行との契約フェーズへ
フラット35借換え融資 完済から融資実行へ
借換え時の住宅ローン控除で注意すべきこと
抵当権抹消・設定完了で借換え融資完了です
借換え時は火災保険見直しのタイミング
住宅ローン控除を確定申告する

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク