【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちらから!
スポンサーリンク

忙しい朝に最適な最新シェーバーの選び方

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 330

ラムダッシュES-LV52

今月6年ほど愛用していたパナソニックのラムダッシュES8237が故障したため、同じラムダッシュのES-LV52に乗り換えました。 ES8237は3枚刃、ES-LV52は5枚刃ということで、刃の枚数が多くなった分、忙しい朝でも素早く髭をそることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?

5枚刃シェーバーは想像以上に深剃りができる

このモデルのウリである5枚刃(内刃は2枚で外刃が5枚でした)により、肌との接触圧力を分散して負担が少なく、肌にもやさしくなっています。(平均圧力が約13.2%ダウン)

実際、ES8237からLV52に乗り換えて衝撃を受けたのは、シェーバーのヘッドのあたりの柔らかさです。 そっと添えるだけの感覚です。

またくせヒゲリフト刃により、寝た髭もとらえておこし、アゴ下の剃りのこしもありません。 実際には手で肌をのばしながら剃ることになりますが、ヒゲの根元から剃れるのでヒリヒリすることなく深剃りが可能です。

↓ 5枚刃ヘッドはバリカンのような大きさ。 ただし本体重量は185gと重くない。

ES-LV52ヘッド

使わないときはロックをかけることもできる。 グリップ感も上々。

ES-LV52ボタン

 

1世代前のモデルでも性能は十分

今回、9月に発売したばかりのラムダッシュES-LV54ではなく、一世代前の型落ちモデルES-LV52を購入しましたが、刃の変更(クイックスリット刃)とヒゲセンサー以外には特に目をみはる進化もなかく、且つ価格が半値近くであったため、かなりお得でした。

私は購入した時点で底値で価格.comやAmazonでもランキング1位になったため、たちまちネット通販でも在庫がなくなり、残念ながら現在では価格が倍近くはねあがっています。

今なら、ほぼ新モデルのES-LV54と同じ値段ですので、これから買われる方は新モデルをおすすめします。

毎年、9月には新商品が発売されるのでそのタイミング(9月~11月頭)で価格が大幅に下がることが予想されますので、その時を狙って型落ちを買うのもありかと思います。

 

メンズシェーバーの選び方

①充電/交流両用タイプがおすすめ

充電式オンリーの機種もありますが、やはり充電/交流両用の電気シェーバーがおすすめです。

交流タイプのモデルでは、内蔵の充電池がだめになった場合でも電源ケーブルをつないで使うことで延命することができます。

最近の主流は充電タイプでスリムなモデルが多いですが、個人的には万が一を想定して充電と交流両方ができるタイプを選びました。 もちろん防水性については充電式オンリーのタイプと同様のレベルですので、通常の利用範囲内では問題ないです。

充電池はまだ新しいこともあり、1回のフル充電で約1週間もちます。

ただ充電池は通常の使用の範囲であれば、約2~3年が寿命ということで劣化していくものですので、先々メーカーのサービスステーションにて充電池の交換をする必要があります。

電池600~700円+作業手間賃で数千円程度が相場ですが、ネットで交換用の充電池だけを買って自分で交換することも可能です。

実際の交換は精密機器用の小さいプラスドライバー1本で行うことができますので、特に難しいわけではありません。部品・ネジの場所を間違わないように注意するだけです。

参考記事:Panasonic-シェーバー-ラムダッシュ-es8259の充電池の交換

ただしこの場合はメーカー保証外となりますので自己責任でおこなうことになりますが、保証期間が過ぎている場合はやってみる価値はあると思います。

②洗浄機は必要か?

個人的にはあれば便利、ただしあまり衛生的ではない印象です。ES8237は洗浄機付でしたが、まめに掃除する必要あるので、その手間を考えると充電は楽ですが、私のようにずぼらだとすぐにヒゲくずが洗浄機につまって故障の原因になります。ES8237の時は一度新品に交換しています。

またランニングコストもかかることも念頭にいれておく必要があります。

専用の洗浄溶液が1,000円程度(3個入り)。こちらは1個で30日利用可能ですので、1年で約12,000円。

ランニングコストではないですが、洗浄機が故障した場合は新規購入で4,000~5,000円程度です。 昔のラムダッシュ、ES8237の洗浄機が故障するケースがネットでは散見されたので、ある程度使ったら2~3年でダメになるかも・・・と考えておいたほうがよさそうです。

ES-LV52の場合は(新型ES-LV54も)、オプションで充電スタンドだけはつけておいて欲しかったです。

意外とACアダプターが大きくて、充電する度にだして接続するのが多少面倒です。

これは上位機種を購入させるための戦略なのかもしれませんが、唯一残念なところ。

ラムダッシュアダプター

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
物欲魂
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
dalahastのブログの購読・フォローはこちら
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間