男は度胸、女は旬の寒ブリでぶりしゃぶをつくる

この記事の所要時間: 138

ぶりしゃぶ

ご当地鍋シリーズ第一弾。 ぶりしゃぶと言えば、富山県・石川県のご当地鍋になるのでしょうか?
天然の寒ブリを買うことができたので、今晩はシンプルに寒ブリのぶりしゃぶです。
寒ブリ+アボガドで漬け丼も考えましたが、寒くなってきたにで鍋に急遽変更。
実は明日もご当地鍋をつくる予定・・・ 食が基本ですから!

ぶりしゃぶにはみぞれ鍋もありですが、今回は昆布だしでシンプルにブリでいただくことに。
野菜はなんでもあいますが、火の通りやすい水菜や春菊もおすすめです。

【材料(2人前)】
・ブリ(刺身用) 1柵
・大根 適量(ピーラーで薄切り)
・人参 適量(ピーラーで薄切り)
・長ネギ 1~2本(斜めに薄切り)
・マイタケ 1パック
・昆布だし 1リットル(鍋のサイズによります)
・ゆずの皮 適量 (※針生姜でもOKです)
・ポン酢 適量
※お好みでもみじおろしもありです。
・大根おろし 1/3本
・一味唐辛子 適量

【作り方】
①大根と人参はピーラーで薄く切り、長ネギは斜めに薄切りにする。 野菜たち

②ブリは薄造り(3~5mm程度)にする。刺身用の切れたものであればそれをさらに薄く切る。
③土鍋に昆布だしを煮立てる。 昆布は1時間ほど事前に水といっしょにつけておくとよい。 煮立つ直前に昆布を取り除き、お酒150cc、塩小さじ1、みりん大さじ1、ゆずの皮をいれてひと煮立ちさせる。

ゆずの香り

④土鍋にだしが煮ったったら、野菜を投入。 ブリの刺身をさっとくぐらせて(半生)、野菜をまいてポン酢ダレでいただきます。 お好みでもみじおろしを薬味として追加しても美味しいです。

ぶりしゃぶ野菜

ぶりしゃぶ巻いて食べる

ブリはさっとしゃぶしゃぶ、霜降り状態にするのがよいです。 薄い大根、人参、長ネギをまいていっしょにいただくと、脂っぽさも軽減されて、いただけます。

そして、今回の〆は・・・蕎麦です。 もちろん、卵雑炊やうどんも間違いなくあいますが、明日の鍋は雑炊にしようと思っているので蕎麦にしました。
残った出し汁にめんつゆで味を調整して、別途ゆでた蕎麦にかけていただきます。
プラスでもみじおろしをそえるとさっぱりとして美味。

〆の蕎麦

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク