【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【レシピ】「はす鍋(レンコン鍋)」2つの食感を楽しむ、体の芯から温まるトロトロ郷土鍋


これからの季節にぴったりの体の芯から温まる、レンコンをたっぷり使い、2つの食感を楽しめる「はす鍋」のご紹介。

ポイントは、レンコンを具材と煮汁それぞれの調理法で使い分けること。

具材としてのレンコンは薄切りにすることでシャキシャキ食感を、煮汁としてのレンコンはすりおろすことでトロトロ食感の2つを同時に楽しめます。

〆の雑炊や出汁をそのまま温かいご飯にかけていただくトロトロ飯も絶品です。

日本料理店「てのしま」店主の林亮平さんのレシピでつくってみました。

「はす鍋(レンコン鍋)」の作り方

<具材>

  • レンコン:200g
  • 豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用):200g
  • 水菜:1/2束
  • 生しいたけ:2~3枚
  • エリンギ:1本

<煮汁>

  • レンコン(太い部分):250g
    ※でんぷん質が多いのでとろみがでる。
    参考 レンコンの特徴
  • <A>
    • 出汁 カップ5
    • 薄口しょうゆ 大さじ1+1/3
    • みりん 大さじ1
    • 塩 小さじ1~1+1/2
  • すだち、または柚子、レモンの集めの輪切り
  • 七味唐辛子 適量

【作り方】

  1. 具材のレンコンはスライサーで薄切りにして水にさらす。
    数回水をかえて、濁らなくなったら、ざるにあげて水気をきる。

    dalahast
    dalahast

    水にさらしてレンコンのでんぷん質をおとすことで、シャキシャキ食感になります。

  2. 水菜は5㎝幅、しいたけは軸を除く(じくはみじん切りにして具材として使いました)、エリンギは4~6つ割りにする。豚肉は広げて塩を少々ふる。
  3. 煮汁用のレンコンはダイコンおろしですりおろす。
  4. 鍋にA(出汁、薄口しょうゆ、みりん、塩)をいれて中火で煮立たせる。
  5. 4の鍋に3のすりおろしたレンコンを加えて混ぜ合わせ、煮立ったら、具材を適量ずついれて煮る。
  6. すだち(柚子やレモンでもよい)をしぼり、七味唐辛子をお好みでふっていただく。
  7. 〆はとろとろの煮汁にご飯を加えて雑炊か、温かいご飯に煮汁をかけて出汁かけご飯でいただく。絶品!

参考 私が愛用しているのはこちらのコンパクトなスライサー。
しりしり作りもはかどります。

つくってみた感想

総合:★★★★☆
美味しさ:★★★★★
調理時間:★★★★☆
手軽さ :★★★★☆
  • 根菜たっぷりのヘルシー鍋
  • 2つの食感を生みだす、ダブルレンコン使いがポイント
  • 〆の出汁かけご飯(雑炊)が最高、ほっこりする美味しさ
dalahast
dalahast

大根をつかったみぞれ鍋とは全く違った、トロトロ食感の煮汁が癖になります。とろみが豚肉にもよくからんで絶品。

Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。