2014年1月 水耕栽培のサラダ菜育成日記

この記事の所要時間: 117

サラダ菜20140102

2014年1月最初の水耕栽培育成日記です。

残念ながらサラダ菜の育ち具合は昨年ほどではありません。
理由としては、昨年度は台風が10月にはいってからも発生したため、種まきがいつもよりも1カ月程度遅かったこと。
そして、サラダ菜の種が古かったこともあり、芽をだすまで成長したのがわずかだったためです。

野菜の種、特にサラダ菜は百を超える種が1袋にはいって販売されているため、私のようにライトな水耕栽培家にとっては推奨利用期限が1年の種は少々もったいない気もします。
特にこのイエナは培地が5つあり、5つの種だけでじゅうぶん数か月を楽しむことができるため、せいぜい1年で使う量は限られてしまいます。
土地があればいっきに撒いて収穫なんでしょうけれど、手軽にベランダ菜園をおこないたいのが優先事項なので・・・
※腰痛持ちにとって土を耕すのは結構きつい作業で、過去挫折した経験あり・・・

 
一昨年の同じ時期(1月9日)の育成状況はこちら。 種をけっちってしまったため、育成にも差がでてしまいました。
昨年秋のほうがむしろ暖かかったにも関わらず、みため1/4程度の成長です。

次回は新しい種を買って再度チャレンジしたいと思います。
結局のところ、サラダ菜って使い勝手がよくて春夏の虫のいる時期さえ除けば、ストレスフリーで育てることができるので簡単なんです。

年末仕込んだ塩豚を今晩圧力鍋で蒸し豚にして、このサラダ菜をまいて食べることにします。

塩豚仕込中

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク