【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちら! >>
スポンサーリンク

水耕栽培器イエナ ienaで室内栽培編 キャスター付格子台購入

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

水耕栽培器イエナ キャスター台

Green Farmではレタス(ジェンティナグリーン)を栽培中ですが、水耕栽培器第1号のイエナ(iena)も虫がよりつくベランダは避けて室内(リビング)にセッティングすることにしました。

まだ栽培する野菜を決めかねていますが、比較的日陰でも大丈夫なクレソンでも育ててみようかと検討中。

とはいえ、ある程度日照は必要だと思いますので、ホームセンター(島忠)でキャスター付の格子台を買いました。
すのことキャスターでDIYしようかと思いましたが、できあいのものでサイズ的にもちょうどよいものがありました。

価格は約1,000円。 ネットで調べてみると、100円ショップでは同様のキャスター台(木製、スチール製)のものが販売されているようなので、時間のある方はそちらからまず探すとよいかもしれません。

キャスター付格子台

サイズは30cm×30cmと、イエナよりも小ぶりですが、イエナを上にのせるとずれることなくスムーズに動作しました。
ちなみにイエナは40cm×40cmです。

キャスター付格子台2

ただし問題が1つあって、このキャスター付格子台は耐荷重が約20kgであること。
イエナは養液タンクの容量が20リットル(20kg)であるため、イエナ本体と栽培する野菜の重さの合計が耐荷重の20kgを越えてしまいます。
したがって、養液をフルでいれることはせず調整して負荷を避けようと思います。
※ホームセンターには植木鉢の室内移動台として耐荷重40kgのものもありました。

ご覧のとおり、格子台にのせると養液をいれずとも本体の重さだけでじゅうぶん台車と一体化します。
動きもスムーズです。

水耕栽培器イエナ キャスター台 車輪

キャスターも下からのぞかない限り、ぱっとみわかりません。

水耕栽培器イエナ キャスター台 車輪2

私の愛用する記念すべき第1号の水耕栽培器はこちら。

協和 ハイポニカ液体肥料 500ml(A・Bセット)
協和ハイポニカ
¥ 1,180(2018/10/24 11:25時点)

協和 ハイポニカ液体肥料 1L(A・Bセット)
協和ハイポニカ
¥ 1,688(2018/10/24 11:25時点)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
iena
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのブログのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。