グレープフルーツとサワークリームのケーキ 門倉多仁亜さんのドイツの焼き菓子より

この記事の所要時間: 122

グレープフルーツとサワークリームのケーキ

本日はドイツのライフスタイルの紹介で広く活躍されている、門倉多仁亜さんの「ドイツの焼き菓子」から、「グレープフルーツとサワークリームのケーキ」です。
オリジナルはグレープフルーツではなく、リンゴでつくりますが、今回はグレープフルーツで夏らしくアレンジ。

サワークリームの酸味とシナモンパウダーの風味が絶妙。
パウンド生地のため、しっとり。 そして軽いのでいくつでも食べることができます。

今回の焼き菓子はもちろん妻作。
あまり美味しくて食後に2切れも食べてしまいました・・・

今回リンゴのかわりにグレープフルーツでしたが、酸味がある分、サワークリームなしで生クリームだけでもよかったかもしれません。

スポンサーリンク

何度も食べたくなる、ドイツの焼き菓子

ドイツの焼き菓子

今回参考にした門倉多仁亜(カドクラタニア)さんの著書、「コーヒータイムのお菓子―みんなに愛されてきたクーヘンとトルテ」(文化出版局)は2006年7月刊行ですでに絶版。

今年6月にSBクリエィティブから再度出版された新刊、「何度でも食べたくなる、わが家のレシピ ドイツの焼き菓子」は、これに加筆されたバージョンです(一部削除された部分もあり)。
図書館で、「コーヒータイムのお菓子」を借り、とても気にいったので新刊を購入しました。

何度でも食べたくなる、わが家のレシピ ドイツの焼き菓子

著者/訳者:門倉 多仁亜

出版社:SBクリエイティブ( 2014-06-10 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,512

単行本 ( 95 ページ )

ISBN-10 : 4797369116

ISBN-13 : 9784797369113


旧作タイトルにある、クーヘン(Kuchen)はドイツ語でケーキ。
トルテ(Torte)は切り分けて食べる焼き菓子のこと。 学生時代はフランス語専攻だったので知りませんでした。

レシピを参考にして、焼きあがった状態はこちら。 こちらを9等分にしました。
たくさん出来上がりましたが、これに限らず、日持ちするケーキのレシピばかりなので助かります。
それでも食べる分量は最終的にこちらになるので、私の体重への影響は変わりませんが・・・

グレープフルーツとサワークリームのケーキ

何度でも食べたくなる、わが家のレシピ ドイツの焼き菓子

著者/訳者:門倉 多仁亜

出版社:SBクリエイティブ( 2014-06-10 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,512

単行本 ( 95 ページ )

ISBN-10 : 4797369116

ISBN-13 : 9784797369113


スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク