【お取り寄せ】熊本銘菓 「誉の陣太鼓 」大納言小豆と求肥のコラボレーションが絶妙

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 150


誉の陣太鼓

熊本のお土産の定番の1つ、お菓子の香梅さんの「誉の陣太鼓」。
秘伝の密で炊き上げた大納言小豆の甘さは、甘党の私にはたまらない美味しさ。

且つ、中に閉じ込められた柔らかい求肥がとろっとして、周囲の小豆と絶妙にマッチしています。

ところでこの陣太鼓でつくられている、小豆ですが北海道産の「ほまれ大納言」を使っているとのこと・・・
熊本銘菓だけど主原料が北海道産なのはご愛嬌として、味は甘党、特に小豆大好きな方にはたまりません。

そして、来る7月7日の七夕は「陣太鼓の日」だそう。
陣太鼓の「陣」の字のこざとへん=姫、つくりの車=若武者にみえることから、七夕は陣太鼓の日としてPRされています。
確かにこの季節にもぴったりの銘菓だと思います。

スポンサーリンク

さて、「誉の陣太鼓」を実食。冷蔵庫で冷やすこと1時間。

切る前はこのように陣太鼓の形状です。
常温でももちろんOKですが、夏は食べる前の1時間、冷蔵庫で冷やしていただくとより美味しくなります。
但し、冷やし過ぎると中の求肥が固くなるので注意。

誉の陣太鼓

中身をちょっと拝見。トロ~っとした求肥の食感と程よい甘さがいいですね。
もち米に砂糖と水飴を混ぜ合わせてじっくり練り上げてつくられる求肥にもこだわりが。

誉の陣太鼓

購入してから約1ヶ月程度はもつようですが、独自の紙缶詰製法でパッケージングされているので、なかなか瑞々しい!

ゆるキャラ、くまモンとコラボした限定パッケージも!

ところで、熊本のご当地ゆるキャラといえば、くまモン。
くまモンのパッケージがかわいい、「ハッピー陣太鼓 くまモン」もあります。
「ハッピー陣太鼓 くまモン」は販売されているショップが、熊本空港店、熊本駅構内等の7店舗のみの限定品です。

価格はほぼ同じですが、1個は通常サイズでのこり8個はハーフサイズなので注意!
パッケージのかわいさに魅かれつつも、わたしはたくさん食べたいので迷ったあげく、通常版を購入。

誉の陣太鼓

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.