薄手で洗濯機で丸洗いできるキッチンマットを購入!「優踏生 洗いやすいキッチンマット」

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 258


薄いキッチンマット

システムキッチンの足元に敷く薄手のキッチンマットを探していました。
毛足が長すぎると引出にもひっかかり、またあまりに薄いマットだとクッション性がなく、長時間キッチンにたって調理することもつらい・・・

そんな中、ベストチョイスの商品を見つけました!

「優踏生 洗いやすいキッチンマット」です。
カラーは汚れが目立ちにくい落ち着いたベージュ、サイズは使い勝手の良いサイズの約60cm×240cmを選びました。

ベージュ、ブラウン、グリーンの3色展開。
サイズは45㎝幅が、×90㎝、×120cm、×180㎝、×240㎝の4種類。
60㎝幅が、×180㎝、×240㎝、×270㎝、×300㎝の4種類とバリエーションも豊富なので、キッチンにあったサイズを選ぶことができます。

一方で既製品サイズではないオーダーメードのマット、「優踏生 キッチンマット」もありますが、厚さや素材も異なるため注意が必要です。

「優踏生 洗いやすいキッチンマット」の厚みは、すべり止め等含めて4mm。
素材は耐熱性もあるポリプロピレン100%で、メリットは毛羽立ちが少ない分、掃除が楽なこと。

一方でオーダーサイズで自由に大きさを選べる「優踏生 キッチンマット」の厚みはすべり止め等含めて6mmと少し厚め。
サイズは長さ300㎝×幅45㎝または60㎝以内。色はベージュのみ。
素材はポリエステル100%となっています。

優踏生キッチンマット別注サイズオーダーマット

▼引出を閉めた状態。床との差は約7㎜程度。

薄いキッチンマット

▼引き出すと、ひっかかりもなくスムーズに開閉できています。

薄いキッチンマット

スポンサーリンク

「優踏生 洗いやすいキッチンマット」の良かったところ

1.素材がポリプロピレン100%で毛羽立ちがなく、薄手のループタイプなのでほつれにくく、掃除が楽。

2.裏面滑り止め加工つきなので、マットがずれにくい。

3.裏面の滑り止め加工の部分を含めて、4㎜との極薄

わが家のキッチンの引出を引き出した時と床の差は約7mm程度だったので、この薄さであれば安心です。
実際にスムーズに引き出せてひっかかりはありません。

4.薄いがクッション性は抜群。長時間立つからこそ、疲れ防止効果のある厚みとクッション性は重要です。

実はこのキッチンマットの前に選択肢として検討していたのは、アキレスさんの透明キッチンフロアマットでした。
厚さは1mmなのでよいかな。。。。と思っていましたが、「クッション性」がないということで見送った経緯があり、これは正解でした。
キッチンにたっていて非常に足が疲れません。

5.かさばらずに折りたためて洗濯ネットにはいるので洗濯も楽々。また洗濯後も乾きやすい

注意点としては(おそらく裏面の滑り止めが特に)熱で変形・破損する可能性があるため、ドラム式洗濯機や乾燥機は使わないこと。
わが家は縦型洗濯機なので、洗濯ネットにいれてそのまま丸洗いして、ベランダで半日干すだけで乾燥完了!
汚れたら洗えばよいだけなので、お手入れもお手軽でおすすめします。

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.