【洋食屋レシピ】 黒トリュフ塩の絶品カルボナーラ クリームなしでとろ~りクリーミー!

この記事の所要時間: 252

カルボナーラ

たまに食べたくなるのが洋食屋の濃厚カルボナーラ。

卵に牛乳、生クリーム、粉チーズを使うのでカロリーも気になるところですが、今回のレシピでは生クリームも牛乳も使いません。

事前にボウルにて卵と粉チーズを混ぜ合わせて温め、パスタの余熱で一気に調理します。

調理時間は10分程。でも、これが洋食屋の味に匹敵するほどの出来なんです。

そして、最後に「黒トリュフ塩」をふりかけるのもポイント。

以前、しじみ鍋の漬けダレで使ったことのある、こちらのカルディで取扱っている黒トリュフ塩。

世界三大珍味のひとつであるトリュフを乾燥させて、海塩をブレンドしたもの。

今回のカルボナーラだけではなく、スクランブルエッグやオムレツ、フレンチトーストといった卵料理と相性抜群の調味料として知られています。

少量で少し高めですが、ひとつまみで芳醇な香りと美味しさをパワーアップ!

もちろん自宅にない場合はなくても十分美味しいカルボナーラですが、あるとなしとでは雲泥の差。

いつもの卵料理がグレードアップして贅沢気分になること間違いなしですので、使ってみることをおすすめします。

ぜひお試しあれ。

「ぷっすま」で紹介されていたピカ子さんの「しじみ鍋」。エキストラバージンオリーブオイルとトリュフ塩でいただく、ちょっと贅沢な鍋。トリュフ塩は...

カルボナーラ

スポンサーリンク

生クリームなしでつくる洋食屋のカルボナーラのレシピ

カルボナーラ

【材料(2人前)】

・スパゲッティ 200g程度

・ベーコン 60g (今回はウィンナーで代用)

・白ワイン 大さじ2

・卵 2個 ※調理前に冷蔵庫から出しておき、5分程度おいてから使う。

・粉パルメザンチーズ 大さじ1.5

・塩 適量

・胡椒 適量

・ヴァージンオリーブオイル 適量

・黒胡椒 適量

・粉パルメザンチーズ 適量

・黒トリュフ塩 適量

【作り方】

1.ベーコン(ウィンナーで代用可能)は5mm角の棒状に切る。オリーブオイルを温めたフライパンに入れて、カリカリになるまで炒め、白ワイン 大さじ2を入れて少し煮つめる。

カルボナーラ

2.耐熱ボウルに卵と粉パルメザンチーズ大さじ1.5を加えて混ぜあわせ、ラップをして500Wのレンジに30秒かける。取り出して全体的に温度が均一になるように混ぜあわせた後、再び500Wのレンジに20秒かける。
※スパゲッティが茹で上がる時間の3分前になったら準備しておく。

カルボナーラ

3.鍋の熱湯に約1%の塩を加えて、スパゲッティを茹でる。

4.茹でたてのスパゲッティを1のフライパンに入れて混ぜあわせ、2のボウルに移して手早く全体をからめて、塩、胡椒味を調える。

カルボナーラ

↓フライパンでベーコン(ウィンナー)と混ぜ合わせた後、ボウルに投入。

カルボナーラ

5.器に盛りつけ、黒胡椒と粉パルメザンチーズをふりかけ、最後にお好みで黒トリュフ塩をひとつまみふりかけて出来上がり。

今度はこちらのトリュフオイルも試してみたいな・・・と検討中です。

こちらの喫茶店のナポリタン&オムナポリタンもおすすめです。

先日、NHKで「きょうの料理 谷原章介のザ・男の食彩スペシャル ”探求!横浜ナポリタン”」が再放送されていました。 元祖の作り方は、...
これまで何度かナポリタンはつくっていますが、今日のランチは「水づけパスタ」を使った、名古屋風の「オムナポリタン」です。隠し味には中濃...
スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク