【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【LED化】洗面化粧台などの蛍光灯をLED照明に交換して省エネ化する方法(工事不要)

5.0

この記事でわかること

既存の照明器具を使いながらLED化による電気代削減を検討されている方のために、洗面化粧台やキッチンの直管形蛍光灯やシーリングライトの丸形蛍光灯をLED照明への交換方法・注意点を紹介しています。

わが家はLED化を電球が切れたタイミングで徐々に移行してきましたが、最後まで手つかずであった洗面化粧台の直管形蛍光灯を、LED照明に切り替えることにしました。

今回、交換したのはこちらの直管形LED蛍光灯(アイリスオーヤマ製)です。
専用のスターターとセットになっているので、そのまま今ついている蛍光灯とグロー電球を交換するだけで省エネをはかることができます。

直管形LEDランプへ交換する際の注意点

交換するにあたって注意する点としては、すべての直管形蛍光灯が工事不要でLEDランプに交換できないということです。

直管蛍光灯には次の3つのタイプがあります。

  • ラピッドスタート式(ランプ記号:FLR)
  • インバータ式(ランプ記号:FHF)
  • グロースタータ式(ランプ記号:FL)

このうち、同じ形式の直管形LEDランプに工事をしないで交換できるタイプは、3番目の「グロースタータ式(点灯管)」だけです。

ラピッドスタート式とインバータ式は、安定器の入出力を切断するためのバイパス工事(配線工事)が必要となり、自分で取り付けることができません。

LEDランプに交換可能かの確認ポイント

現在使っている蛍光灯がグロースタータ式かどうかを判別する方法としては、2つポイントがあります。


※出典:アイリスオーヤマ公式

1つめは蛍光灯側。

  • 蛍光灯側に印字されているランプ記号が「FL」、口金形状が「G13口金」であること

2つめは照明器具側。

  • 照明器具側にグロースタータ(グロー球)があること

点灯管の機能をもつグロー球は、常夜灯に使うナツメ球と形状が似ていますがまったくの別物です。
このグロー球があることで蛍光灯が点灯する仕組みになっています。

利用場所にあった光色を選ぶポイント

今回交換した直管形LEDランプは、サイズ・光色別にラインナップされています。

 光色(色温度)全光束(明るさ)
10形相当昼光色 (6500K)1000lm
 昼白色 (5000K)1000lm
15形相当昼光色 (6500K)600lm
 昼白色 (5000K)600lm
20形相当昼光色 (6500K)750lm
 昼白色 (5000K)750lm

※LED電球にラインナップされている「電球色」は、需要が少ないためか直管形LEDランプにはありません。

特に「光色」については、設置場所にあったものを選ぶ必要がありますが、それぞれ次のような特徴があります。


※出典:アイリスオーヤマ公式

dalahast
dalahast

従来の蛍光灯に近い昼白色は青白い光色で、洗面所やキッチンなどでマッチする光色といえるでしょう。

直管形蛍光灯を直管LEDランプに交換してみる

わが家の洗面化粧台の蛍光灯を交換するにあたり、上記ポイントについて確認してみると、「グロースタータ式」で交換可能と判明しました。
dalahast
dalahast

グロースタータ式の蛍光灯がついているものは、旧式の設備であることが多いです。

比較的新しい蛍光灯はグロー式ではない場合が多いので、照明器具ごと交換工事をしたほうがよいでしょう。

上が今回新しく交換する直管形LEDランプと専用スタータ、下が直管形蛍光灯とグロー球です。
基本的に2つセットで交換します。
グロー球をつけたままLEDランプ交換をしても点灯しません。
グロー球がついていた場所に専用スタータ(口金:E17)をねじこみます。
直管形LEDランプは光の拡散方向が下向になるように、差し込む方向に注意しながらセット(90度回転)します。
最後に照明器具のカバーに付属のシール(直管形LEDランプに交換済みの印)をはりつけて、完了です。
AAAA
AAAA
dalahast
dalahast

事前の対応機種かどうかの確認だけで、配線工事も不要のため、個人でも簡単に交換することができました!

壁のスイッチを押すとすぐ点灯するのでLEDランプならでは。
いわゆる蛍光灯が点灯時にチカチカすることはありません。
乳白色のカバーをつけているため、やや明るさは軽減されているものの、明るさも蛍光灯と比較しても遜色ありません。

丸形蛍光灯も丸形LEDランプに交換できる

今回交換した直管蛍光灯以外にも、シーリングライトやペンダントライト用の丸形の蛍光灯がいまでも残っている部屋があるかもしれません。
そんな時は、「丸形LEDランプ」を使えば簡単にLEDに交換することができます。

こちらも取付可能なタイプはシーリングライト用とペンダントランプ用の2つ。それぞれサイズ・光色・用途別にラインナップされています。

4.5畳30形+30形シーリングライト用昼光色
昼白色
電球色
ペンダントライト用昼光色
昼白色
電球色
6畳30形+32形シーリングライト用昼光色
昼白色
電球色
ペンダントライト用昼光色
昼白色
電球色
6~8畳30形+40形シーリングライト用昼光色
昼白色
電球色
ペンダントライト用昼光色
昼白色
電球色
8~10畳32形+40形シーリングライト用昼光色
昼白色
電球色
ペンダントライト用昼光色
昼白色
電球色

購入時の注意点としては、丸形LEDランプを取り付けようとしている照明器具のアダプターが、対応している形状かどうかを事前に確認しておくことです。

参考 丸形LEDランプ取り付け可能な器具形状(アイリスオーヤマ)

それぞれのタイプにあったアダプターが同梱されているので、工事をせずにLED照明が使えるようになります。

dalahast
dalahast

まるごと照明器具を切り替えるよりも、ランプだけ交換することで低コストでLED化がはかれます。

ただ、直管LEDランプよりは多少割高(現状3,500円程度)で、安価なLED照明器具であれば、同額で本体を購入することができます。
よほど愛着のある照明器具ではない限り、少し予算の幅を広げて新しいLED照明器具を取りつけたほうがよいかもしれません。

まとめ:蛍光灯をLEDランプに交換して電気代節約!

LEDランプ交換オススメ度:★★★★★

以上、自宅の蛍光灯(直管形蛍光灯・丸形蛍光灯)を省エネなLEDランプに交換して電気代を削減する方法のご紹介でした。

既設の蛍光灯をLEDランプに交換することで、

  • 瞬時に点灯する(蛍光灯のようにチカチカしない)
  • 虫がよりつきづらい(照明器具の中にはいりこまない)
  • 電気代が安くなる
  • 長寿命(10年間使える)のため交換の手間がない
  • 既設の照明器具を再活用できる(安価にLED化できる)

のメリットがあります。

グロースタータ式の蛍光灯は工事不要のため、お気に入りの照明器具や、賃貸で照明器具の取り換えができない場合でもランプだけの交換ですむのがよいですね。

一方で、お気に入りの照明器具ならともなく、わざわざ安定器をバイパス工事してまでLEDランプに交換するよりも、LED照明器具そのものを交換するほうが結果的に安くなる場合もあるのでよく検討しましょう。

dalahast
dalahast
LED電球と違って、LEDランプはLED電球保証制度(5年)の対象外という点にも注意しましょう。

メーカー保証1年に+1年延長保証のあるアイリスオーヤマ直営店(楽天)で購入がオススメです。

LED
自宅でも「おうち時間」を楽しく過ごす方法
  • 名作からヒット作品まで、映画やドラマも「見放題」
  • ビジネス書から漫画や雑誌も「読み放題」の読書体験!
  • お好みの音楽が200万曲の中から「聴き放題」

\今なら30日間無料体験/
Amazon Primeを見てみる

Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。