無印良品レトルト食品にはまる 奄美大島風鶏飯の巻

この記事の所要時間: 112


新しい文具を調達するために最寄りの無印良品へ。
何気なくレトルト食品・調味料コーナーをのぞいてみたら、種類も豊富なレトルト食品や手作りキットのパッケージが所せましと陳列されていました。

そして、いつのまにか無意識のうちにカゴにいれられた品々。

新作のマンゴーカレー、ユッケジャンクッパ、奄美大島風鶏飯、ジャンバラヤの素。
無印レトルト
売れ筋はバターチキンカレー、キーマカレー、、、、、今回買ったのはどれもはいっていなかった。
カレーだけでも、これだけ種類があります。
夏ということで冷やしカレーもあったり、麺類も酸辣湯麺(サンラータンメン)やジャージャー麺、担々麺(タンタンメン)、麻辣湯麺(マーラータンメン)等々、バリエーションが豊富です。

今日はあまり食欲もなかったので、とりあえず「ごはんにかける 奄美大島風 鶏飯」を試してみることに。
電子レンジで約2分温めて、ご飯にのっけるだけ。 通常価格210円のところ、今なら189円。
無印の奄美大島風鶏飯
1人前170gなり。ボリュームはさすがに男子にはつらい程、少ない。
奄美大島風鶏飯
パッケージには、

“奄美大島の郷土料理をお手本にしいたけ、人参、きくらげなどを加え、鶏の出汁で仕立てました。温めるだけで、お茶漬けのように食べられます。”

とのこと。
確かに出汁は美味しかったがご飯がやや多かったため、パッケージのようにスープだくさんの鶏飯にはなりませんでした。^-^; 値段も189円。 安いのか高いのか、、、、と言われれば、微妙です。

賞味期限も1年程度はもちそうだったので非常食としてもいいかもしれません。
もちろんこれ単品ではすぐに食べることはできませんが・・・

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク