鏡開き 砂糖醤油の磯部餅は最高に美味い

この記事の所要時間: 040

磯部餅

関東では1月11日が「鏡開き」ということで、鏡開きをしたお餅で磯部餅をつくって食べることに。
関西出身の私はずっと15日に鏡開きするものだと思っていました。

調べてみると、関西では1月15日(京都や近隣の一部の地域では1月4日)、関東は1月11日が一般的。

わが家の鏡餅はなんの飾りもない地元で買った紅白のお餅(真空パック)でした。
これを切って醤油ダレをつけて網で焼き、海苔をまいていただきます。
餅だけ焼いて海苔でまき、砂糖醤油で好きなだけつけて食べるのが個人的には大好きな食べ方。

関東ではあまり馴染みのない食べ方?らしく、ぜひ一度お試しください。

◆関連過去記事

日本人の心、ぜんざいを圧力鍋でつくる

ささっと作って食べる納豆おろし餅

ホームベーカリーで正月用のお餅をつくってみました

ホームベーカリーで京都今宮神社門前老舗のあぶり餅を再現してみる

鏡開き

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク