鰹の竜田揚げ香味ソース仕立て 冷めても美味しいオカズ

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 125

鰹

香味ソースで食欲をそそる晩御飯のオカズにもなる、「鰹の竜田揚げ」。

竜田揚げとは醤油やみりん等でつくったタレに漬け込み下味をつけて、片栗粉などをまぶして揚げたものをいい、小麦粉をつけて揚げる唐揚げとは異なります。

その名前の由来は一説として古くは百人一首にも含まれている、在原業平の歌とも言われています。

「ちはやぶる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは」

この歌で詠まれている「竜田川」とはわが地元、奈良県の北西部を流れる川のこと。
竜田揚げは揚げた後の姿、つまり赤褐色に揚げて、片栗粉の白い部分が所どころにあることから、紅葉の流れる竜田川に見立てて命名しているとの説があります。

スポンサーリンク

食欲をそそる香味ソース仕立ての鰹の竜田揚げのレシピ

【材料(2人前)】

・鰹 刺身用 1さく 200g程度
・生姜 1片
・調理酒、醤油 各大さじ1
・片栗粉 適量
・揚げ油

<香味ソース>
・ネギ 1/4本
・生姜 小 1片
・ニンニク 小 1片(ニオイが気になるかたはなくても可能)
・青じその葉 5枚
・醤油 大さじ2
・酢 大さじ2
・ごま油 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・塩 少々

【作り方】※調理時間目安10分

1.鰹を食べやすい大きさに切り分ける。

2.生姜をすりおろし、調理酒、醤油各大さじ1と混ぜたものに、1の鰹を漬けて下味をつける。
※味がしみ込みすぎないように注意する(7分程度)。

3.ネギ、生姜、ニンニク、青じその葉をみじん切りにして、香味ソースの調味料と一緒に混ぜ合わせ、香味ソースをつくる。

4.2の鰹の漬けタレの汁気を切って、片栗粉をまぶし、180℃の揚げ油で揚げる。

5.4の油を切って、器に盛りつけ、3の香味ソースを回しかける。

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.