Amazon買取サービスを再開。断捨離中なので本の買取を申し込んでみた感想。

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 553

買取サービス

Amazonが4月より一時休止していた買取サービスを買取対象範囲を拡大して6月3日より再開しています。

【参考】 Amazon買取サービス

以前はやり尽くしたゲームソフトを一掃するために頻繁に利用していました。
一番の理由は査定結果、つまり個別の買取価格を申し込み段階で検索して事前に知ることができるところ。
そして買取価格がそのあたりの店舗での買取価格よりも高めの設定の傾向にあったからです。また買取品の代金はよく利用するAmazonで使えるギフト券でのやりとりになるので、余計な振込手数料負担なども必要なく便利でした。

今回、新しくなったAmazon買取サービスは、本・DVD/CD。ゲーム・AV機器・携帯電話・おもちゃ等を対象にした小型商品向けの「宅配買取サービス」と、箱詰めが難しい大型商品向けの「出張買取サービス」の2つ。
前回同様に外部企業(前者はリコマース、後者はマーケットエンタープライス)へ委託いています。

———————————————————————-
買取サービスの特徴

・1点からでも価格を確認して買い取り申込ができる
・宅配買取・出張買取を選んでまとめて売れる
・宅配キット、出張料金、集荷送料、返送送料すべて無料
・Amazonログイン&ペイメントで安心&かんたん申込
・お支払いはAmazonギフト券で、次のお買い物にすぐ使える
———————————————————————-

最大のポイントはAmazonのアカウントで申し込むことができる点。
ただし初回は本人確認のための手続きがあります(後述)。これは旧サービスと取引業者が異なるので改めて本人確認手続きをおこなう必要があります。

スポンサーリンク

Amazon買取サービスに申し込んでみる

今回は自宅の倉庫部屋の断捨離を実行中でして、長年読んでいない(でもいつか読むかな?と勝手に思い込んでいた)古書を整理することにしました。
さすがに捨てるのはもったいないな・・・と思うものも多く、Amazon買取サービスが再開したこともあるので早速利用してみることにしました。

今回の買取対象は本なので、「宅配買取サービス」になります。

いかんせん、本なのでゲームと違って査定価格は期待できないでしょうが、そのまま捨てるのもどうかとおもい、多少の手間がかかるものの、本の場合は1冊から買取可能、しかも配送コストもかからず、段ボールも無料で届けてくれて、万が一売りたくない!と思ったときの返品の場合も配送料無料なので、これは利用しない手はありません。

簡単な手続きの流れはこちら。

買取フロー

1.こちらのAmazon買取サービスのページから、「宅配買取サービス(リコマース)の利用を開始する」のボタンをクリック、Amazonのアカウントでログインします。

2.宅配キット(段ボールは1回あたり5箱まで)のお届け日時を設定、あわせて集荷依頼も設定します。
※日時や必要な段ボール数などは申込後にリコマースのアカウントページで変更することが可能です。
また買取価格を事前にメールで確認した上での取引にするか、そのまま自動的に承認するかを選択。
ただし個別の買取価格は教えてもらえないので、あくまでも総額での判断になります。

3.初回申し込みの場合は、古物営業法に定められた本人確認のため、宅配キットの送付先に「本人確認用書類」が届きます。
こちらを古物営業法に定められた本人確認のため、宅配キットの送付先に「本人確認用書類」をお送りします。
これを受け取る際には身分証明書の提示が必要です。

↓本人確認が終了していない段階ではアカウントページには以下メッセージが表示されています。

買取申し込み状況.2JPG

◆本人確認について
宅配買取サービスのご利用には、古物営業法に基づき本人確認が必要となります。
日本郵便の「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」にて、確認を行います。お客様宛に、郵便局より到着通知書(封書)が届きますので、通知書の内容に従って、身分証明書をご提示の上、書類をお受け取りください。
参考:日本郵便 本人限定受取(外部サイト

特定事項伝達型(特伝型)は郵便局(ゆうゆう窓口)でも自宅でもどちらでも受け取りは可能ですが、受取時には本人が身分証明書を提示する必要があります。
例)運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カード、健康保険証

本人限定受取郵便は金融機関のインターネット申込みによる口座開設によく使われています。
資金洗浄等の金融犯罪を防ぐために本人確認を厳格にしているのですね。

そして、特定事項伝達型(特伝型)で取引先(差出人)のリコマースには以下の情報が提供されます。
こちらに同意しないと取引は開始できません。

・本人確認書類の名称、記号番号
 ・本人確認書類に記載されている名あて人の生年月日
 ・本人確認を行った者の氏名
 ・本人確認書類の提示を受けた日時

↓これが本人限定受取(特伝)のハガキです。

買取サービス

4.梱包資材が佐川宅急便より指定日時に届くので買取にだす商品を梱包します。

5.指定日時に佐川宅急便より集荷されるので、あとは査定を待つだけ。

6.査定完了後、Amazonアカウントに登録しているメールアドレス宛にAmazonギフト券コードが送られてくるので、それをAmazonのアカウントに登録することで使用することができます。Amazonギフト券コードのアカウント登録はこちらから。

【参考】 Amazon買取サービス

↓ちなみに初回手続き完了していないと新しく申し込むことはできません。

買取申し込みエラー

Amazon買取サービスの査定結果は?

買取サービスの申込が、7/15でした。本人確認書類の確認を7/19に済ませ、梱包資材が7/23に届きました。

今回買取をお願いしたのが、本60冊(2箱分)です。

買取サービス

7/27査定結果がでました。 
60冊で約3,000円ですので、想定以上(おそらく1冊10円で600円がMAX?と考えていた)で満足の取引でした。

結局、取引期間は宅配キットお届け時点からでは5日間で完了です。

①宅配買取サービス申込:7/15夕方

②初回本人確認書類到着:7/19→取り置き期限は29日まで

③宅配キットお届け指定日:7/23
 ※個人的な都合で週末にしましたが、申し込み時点で最短+4日程度先の日時を指定できました。

④集荷指定日:7/24
 ※宅配キットが届いて梱包して翌日発送すると見込んで指定しました。

⑤先方到着日:7/26朝

⑥査定結果の連絡メール&Amazonギフト券発行(発行時より1年間有効):7/27夕方

旧買取サービスの買取価格も良かったのですが、古書でこの価格ならばまた買取お願いしようと思っています。

難点は、個々の買取価格がわからず、あくまでもトータルでの通知なのですが、断捨離などで最初からなにがあっても引き取ってもらうんだというようなものであれば、利用するには最適なサービスだと思います。

【参考】 Amazon買取サービス

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.