【レシピ】 栗ジャムのおはぎ(御萩)秋の味覚栗をつかった絶品おはぎ

この記事の所要時間: 222

私の好物のひとつ、おはぎ(御萩)。
この時期になると、和菓子コーナーに並ぶことが多いので毎週買い出しのついでに1つ買っては食べるのが楽しみになっています。

つい先日、土井善晴先生が「栗ジャム」をつかったおはぎを紹介していたので、おはぎニストの私としては猛烈に食べたくなり、早速つくってみることにしました。

栗ジャムはわが家でも秋になるとたくさん栗をかって仕込み、冷凍保存して長期間堪能している作り置きのひとつ。
こんがり焼いたトーストにのせて食べたり、デザートに使ったりすることが多いのですが、おはぎは初めてです。

土井先生のおはぎはもち米ではなく、冷ご飯をまるめたものですが、今回はせっかくなので炊きたての新米(宮城県産ササニシキ)を使っています。

もち米だとお腹にたまるのですが、ご飯だと不思議といくつでも食べられるぐらい、さっぱりした胃にも負担にならない軽いおはぎになるんですね。
意外とお米でつくるおはぎもありかもしれません。

スポンサーリンク

基本の栗ジャムのつくり方

栗ジャム

まずはベースとなる栗ジャムのレシピから。

【材料】※作りやすい分量ですので買った栗の量で調整します

・栗 500g

・砂糖 170g(皮をとった栗の半分が目安)

・水 カップ1/4

【作り方】

1.栗は鬼皮ごと大きな鍋で水から茹でる。やわらかくなるまで約30分~1時間程度茹でる。

2.茹であがったら、ざるにあげて布巾をかけて、粗熱をとる。

3.2の栗を半分に割って実を取り出し、鍋にいれる。

4.3の鍋に砂糖170g、熱湯カップ1/4を加えて、中火で煮立たせる。

5.煮立ったら、木べらで混ぜながら煮詰める。鍋底にすじが残る程度になれば、栗ジャムの出来上がりです。

スポンサーリンク

栗ジャムのおはぎのつくり方

栗ジャムができたら、ご飯を丸めるだけ。はやる気持ちを抑えて、丁寧に丸めます。

【材料(6個程度)】

・ご飯(土井先生は冷ご飯でつくっていました)200g(2/3合程度)

・栗ジャム 150g※上記レシピでつくった栗ジャム

・お好みで青海苔 適量※今回はシンプルに栗ジャムだけにしました。

【作り方】

1.炊きたてのご飯または冷ご飯(200g)をすり鉢にいれて、すりこぎでご飯の粒が半分になるくらいまでつく。

おはぎ

2.手を水で少し湿らせて、1のついたご飯を6等分にして丸める。サイズはお好みで調整します。土井先生は上記分量で8~9等分。

3.固く絞った布巾を片方の手にかぶせて、栗ジャムを適量広げ、その上に2の丸めたご飯を1個のせて茶巾のように絞り形づくる。

4.お好みで青海苔をまぶす場合は、栗ジャムをご飯で包んで、その表面にまぶす。※今回は栗ジャムのせのみつくりました。

5.お皿に盛り付けて完成。

スポンサーリンク

栗ジャム×ご飯のシンプルおはぎのお味は?

ご飯でおはぎ!?・・・疑いつつ食べたところ、これまじでいけるやん!(なぜか関西弁)

もち米のおはぎとは違ったさっぱりした食感で、危険なほど、いくらでも食べられるほどの軽さ。
また、栗ジャムのごろごろ食感と程よい甘さが上品なおはぎを仕立てあげています。

熱いお茶にも、渋いコーヒーにもあいますね。

ちなみに、この栗ジャムはトーストを焼く時にのせて、栗ジャムトーストにしても美味しいですよ。
ぜひ自分でつくって、御賞味を。

スポンサーリンク

栗の渋皮煮もオススメです

秋の味覚の代表格、栗。 知人宅へお伺いする時にオーガニックワインと一緒におもたせとして作ってみました。ちょっと時間がかかるので気合...
スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク