【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちら! >>
スポンサーリンク

【レシピ】 陳さんちの餅鍋をつくってみた 味噌&バターのコクのあるスープに食欲をそそるピリ辛味

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

陳さんちの餅鍋

鏡開きの夕食として、四川料理の若手ホープ、陳健太郎さんのオリジナルレシピで「陳さんちの餅鍋」をつくってみました。

バターでコクをつけた味噌味がベースのスープに、豆板醤でピリッとしたアクセントをつけたオリジナルの鍋。
バターはかなり主張しますので、鍋にいれてしまうのではなく、取り分けた後でお好みで味づけに使うといいかもしれません。

また陳さんのオリジナルレシピでは根菜中心で、大根を具材につかっていましたが、今回は自宅にあったカブ&カブの葉っぱを使っています。

さつま揚げはなくても、ちくわや豚肉があればそれを増量追加して・・・ 具材はお好みでかえてもおいしさは変わりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?

ピリ辛スープにバターのコクが美味い、陳さんちの餅鍋のレシピ

陳さんちの餅鍋2

【材料(2人前~)】

・切り餅 4個(鏡餅の場合は相当分)

・豚バラ肉 200g(今回は薄切りの豚小間肉)

・大根 50g(今回は大き目のかぶ1個を1センチ厚の縦薄切り、かぶの葉)

・人参 50g

・ねぎ 1/2本

・ちくわ(小) 2本(大き目ならば1本)

・さつま揚げ1枚(今回は代わりにちくわと豚肉を増量)

・えのきだけ 1/2枚(今回はしめじで代用)

・豆板醤 大さじ1(今回は小さじ1でマイルドに調整)

<A>

・顆粒だしの素 小さじ1

・昆布茶(粉)小さじ1/2

・味噌 大さじ1

・ラー油 お好みで適宜

・バター 大さじ1

【作り方】

1.餅は半分の大きさに切る。豚肉も食べやすい大きさに切り分けておく。

2.大根(かぶ)や人参は薄い半月板形に切る。

3.なぎ、ちくわ、さつま揚げは3㎜幅の斜め薄切りにして、えのきだけ(しめじ)は根本を除きほぐしておく。

4.フライパンを熱して、豚肉を入れて炒め、色が変わったら豆板醤を加えて軽く炒める。辛いのが苦手な方はここで豆板醤を調整。小さじ1が無難かも。

5.1の餅はこんがりとトースターなどで焼いておく。

6.土鍋に水カップ3を入れ、2,3の具材を加えて中火で火にかける。煮立ったら、3を加えて約5~6分間煮る。

7.鍋に5の焼き餅と<A>の調味料を加えて、餅がやわらかくなるまで2~3分間煮込む。

8.最後にバター加えて溶かし、お好みでラー油をふりかける。バターやラー油はお好みでもよく、取り分けてからそれぞれ追加してもよいかも。

【出来栄え、感想など】

・正月で余った餅や鏡開きの餅を活用できて、おすすめ。

・味噌に相性の良いバターでコクをつけた絶品スープ。豆板醤やラー油のピリ辛が食欲をそそる。

・バター、豆板醤、ラー油、味噌などの旨味がちくわやさつま揚げ、根菜を中心とした具材にしみ込んで、あっつあつで美味しい。

・お餅の数を調整すれば、おなか一杯になる満足感。ボリューム満点。野菜もお好みで追加してもOKと自由自在。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのブログのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間