【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【レシピ】牛挽肉と花椒のすき焼き(栗原心平さん)スパイシーな香りが食欲をそそる中華風挽肉団子入り鍋

牛挽肉と花椒のすき焼き_栗原心平レシピ

タジン鍋でつくるちょこっと鍋シリーズは、栗原心平さんのレシピで「牛挽肉と花椒のすき焼き」です。
寒暖差のはげしい季節の合間にぴったりの鍋です。

味の決め手は四川料理には欠かせない、「花椒(ホアジャオ)」
ピリッとしたしびれるような辛みが特徴のスパイスが、牛挽肉の旨味とあわせって、食欲をそそります。

味付け濃いめのすき焼きなので、溶き卵をたっぷりからめてマイルドにしてから、白いごはんと一緒にいただきましょう。

「牛挽肉と花椒のすき焼き」の作り方

【材料(2人前)】

  • 牛挽肉 200g
  • 薄力粉 大さじ1/2
  • 花椒(粒)小さじ1
  • 塩 小さじ1/3
  • 黒胡椒 適量
  • サラダ油 大さじ1
  • みりん 100ml
  • 醤油 100ml
  • 砂糖 大さじ1と1/2
  • ごぼう 80g
  • 長ねぎ 1本
  • 焼き豆腐 1/2丁
  • 結び白滝 10個
  • 溶き卵 2個※お好みで

【作り方】

  1. 花椒(ホアジャオ)は小さじ1をすり鉢で細かくする。
  2. 鍋の具材の下ごしらえをする。
    ・ごぼう(80g)はささがきにして10分ほど水にさらしてから、水気をきっておく。
    ・長ねぎ(1本)は縦半分に切ってから5~6㎝の長さに切る。
    ・焼き豆腐(1/2丁)は1㎝の厚さに切る。
    ・結び白滝(10個)はフライパンで乾煎りしておく(乾煎りで水分を飛ばすことで味がよくしみるようになる)。
  3. 挽肉団子をつくる。
    ・ボウルに1の花椒と牛挽肉(200g)、薄力粉(小さじ1/3)、黒胡椒(適量)をいれて、手で粘りが出るまで混ぜあわせる。
    ・12等分にして、まるめて団子をつくり、真ん中を指でおさえて軽くつぶす。
  4. 割り下をつくる。
    ・小鍋にみりん(100ml)をいれて、中火にかける。
    ・沸騰したら、弱火して砂糖(大さじ1と1/2)、醤油(100ml)を加える。
    ・1~2分ほど煮立たせ、砂糖が完全に溶けたら火をとめる。
  5. 鍋に具材をいれる。
    ・鍋(わが家はタジン鍋)にサラダ油(大さじ1)を熱し、長ねぎの半量を中火に焼く。
    ・長ねぎに焼き色がついたら、すみによせて、3の牛挽肉団子を並べて焼く。
    ・片面に焼き色がついたら、弱火にして4の割り下を加える。
  6. 煮汁が沸いたら、焼き豆腐、結び白滝、残りの長ねぎを加えて、ひと煮立ちしたら、ささがきにしたごぼうを加える。
  7. ごぼうに火が通ったら出来上がり。小皿に生卵を割り入れよく混ぜたら、鍋から取り分けていただく。
オススメ度:★★★★☆
dalahast
dalahast

牛挽肉団子は小さなハンバーグのような大きさで、お子様からご年配の方まで食べやすいほろほろ食感です。
ただオリジナルレシピでは少し味つけが濃いため、割り下の味をお好みで薄めるなど調整したほうがよいでしょう。

料理
自宅でも「おうち時間」を楽しく過ごす方法
  • 名作からヒット作品まで、映画やドラマも「見放題」
  • ビジネス書から漫画や雑誌も「読み放題」の読書体験!
  • お好みの音楽が200万曲の中から「聴き放題」

\今なら30日間無料体験/
Amazon Primeを見てみる

Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。