【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【Archer AXE5400レビュー】Wi-Fi6E×2.4GbE対応の縦型スリムな無線LANルーターで安定したネット環境を構築!

4.0

インターネットに接続するデバイスが増えることで、家庭内に加えて、隣接する住居の電波干渉もあり、通信環境はますます悪化してストレスもたまるばかり。

今回レビューする「Archer AXE5400」は、このような電波干渉に強い、Wi-Fi6Eに対応したトライバンド無線LANルーターです。

Wi-Fi6Eにより電波干渉をリスクを回避、3つの帯域を使い分けることで、従来の通信規格よりもデバイス間の混雑も少なく安定したインターネット環境の構築が可能となりました。

また日本の住宅事情を反映したアンテナ内蔵型のスリムな筐体で、縦置き設置や壁掛け設置もできるレイアウトフリーの仕様で、あまりルーターを目立たせたくない方にもぴったりです。

【PR記事】本レビューはメーカーより製品提供を受けて、自宅環境にで実際に使ってみてよかったところ、悪かったところを正直にレビューしています。

「Archer AXE5400 」の製品概要

個人的に注目したポイント

  • Wi-Fi 6E(トライバンド)で混雑干渉リスク軽減
  • 縦置き&壁掛け設置対応
  • メッシュWi-Fi対応(EasyMesh互換)
  • マルチギガ対応(2.5Gbps WAN/LAN搭載)
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応
  • VPNクライアント機能

こんな人におすすめ

  • Wi-Fi6E対応機器を所有している方
  • 新しい無線通信規格Wi-Fi6Eをいち早く体感したい方
  • すっきり無線LANルーターを設置したい方

製品仕様について

公式サイト(製品仕様) Archer AXE5400
公式サイト IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応確認済みリスト

製品名 TP-Link Archer AXE5400
本体サイズ 200×189×59mm(高さ×幅x奥行)
本体重量 628g(スタンド込みの実測値)
無線通信規格 Wi-Fi 6E
IEEE 802.11ax(6GHz)
IEEE 802.11ax/ac/n/a(5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
Wi-Fi速度 AXE5400
6GHz:2402Mbps(802.11ax, HE160)
5GHz:2402Mbps(802.11ax, HE160)
2.4GHz:574Mbps(802.11ax)
Wi-Fi性能

トライバンド、OFDMA、エアタイムフェアネス、DFS、6ストリーム、2×2 MU-MIMO

IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
v6プラス・OCNバーチャルコネクト・DS-Liteに対応
動作モード
  • ルーターモード
  • ブリッジモード(アクセスポイントモード)
有線WAN/LANポート
  • 2.5Gbps WAN/LANポート×1
  • ギガビットWAN/LANポート×1
  • ギガビットLANポート×3
Wi-Fiセキュリティ WPA3,WPA2,WPA,WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
ネットワークセキュリティ HomeShield対応詳細
VPNサーバ・クライアント
  • OpenVPN
  • PPTP
  • L2TP
メッシュWi-Fi
利用間取り目安 戸建て3階建、マンション5LDK
最大接続台数 100台
アンテナ ハイゲイン内蔵アンテナ×4(6GHzアンテナ×2、5GHz&2.4GHzデュアルバンドアンテナ×2)
電源 12V/2A
システム要件 Internet Explorer 11/Firefox 12.0/Google Chrome 20.0/Safari 4.0以上の Javaに対応したブラウザ
ルーター管理  TP-Link Tether(iOS, Android)、Web管理画面(GUI)
パッケージ内容
  • Archer AXE5400本体
  • スタンド
  • 電源アダプター
  • LANケーブル
  • 簡単設定ガイド

機器設定・セキュリティ機能について

Archerシリーズ共通の特長として、一見難しい印象のある無線LANルーターの設定でも、スマホの専用アプリ「Tether」を使えば、誰でも簡単にできます。

ワンポイントメモ

スマホの専用アプリ以外にも、パソコンなどのブラウザーでWEB管理画面からも設定が可能です。

※Easy Meshの設定はWEB管理画面で設定することで利用可能です。

参考 TP-Linkルーターの管理画面にログイン方法
参考 管理画面のエミュレータ

わかりやすいインターフェースで、初めて無線LANを設定する方でも、ガイダンスに従うだけで直感的に設定できたり、機器の状態チェックも可能です。

スマートフォン用アプリはこちらのリンクからダウンロードできます。

‎TP-Link Tether
‎TP-Link Tether
開発者: TP-LINK GLOBAL INC.
金額: 無料+
TP-Link Tether
TP-Link Tether
開発者: TP-LINK GLOBAL INC.
金額: 無料

QoSやセキュリティ対策も万全

「Archer AXE5400」は、最新セキュリティ規格「WPA3」に対応しているため、セキュリティ面でも安心して使うことができます。

さらに標準搭載されている「TP-Link HomeShield」を使うことで、

  • ネットワーク内でのセキュリティ上の弱点診断
  • 子供たちのインターネット利用時間を制限
  • 不適切なコンテンツをブロック
  • QoS設定

など、インターネットを安全かつ快適に利用するための機能が無料で使えます(無料のベーシックプランの場合)。

ワンポイントメモ

HomeShieldはルーターモードでのみ使用可能です(ブリッジモード/アクセスポイントモードでは利用不可)ので注意しましょう。

VPNサーバ機能

「Archer AXE5400」は、暗号化されたインターネット通信を可能にするVPNサーバー機能を搭載しています。

VPNプロトコルは、OpenVPN・PPTP・L2TPの3つに対応。

VPNサーバ機能を活用することで、たとえば外出先で暗号化されていない公衆回線(街中のフリーWi-FiやホテルのWi-Fiなど)から、自宅のパソコンやNASにあるファイルにアクセスする時に、よりセキュリティーの高い安全な通信が可能となります。

汎用的なOpenVPNサーバーの設定は、こちらの公式FAQが参考になります。

参考 OpenVPNサーバー機能の利用に関して

「Archer AXE5400」の製品レビュー

外観:アンテナ内蔵、縦置き可能なスリムなデザイン

本体外観

艶消しブラックで落ち着いたカラーリング

「Archer AXE5400」は高性能なアンテナ4本を内蔵するため、外付けアンテナ搭載の無線LANルーターと比べて、スッキリとしたデザインです。

付属のスタンドを使って安定した縦置き、背面のひっかけを使えば壁掛けでも設置可能です。

本体上面と底面にスリットがあるので、放熱対策もほどこされており、長時間稼働でもあつくなることなく安定しています。

放熱性も十分ケアされたデザイン
ワンポイントメモ

日本の住宅事情を考慮した省スペース設計。
わずかな隙間でも目立たず設置できるのが〇。

縦型スリムな無線LANルーターをお探しの方にはピッタリのモデルです。

スッキリ
設置できる!

豊富なポート数で拡張性も十分

スリムな筐体の背面には有線ポートも充実。
2.5Gbps WAN/LANポート×1、1Gbps WAN/LANポート×1、ギガビットLANポート×3を備えています。

動画ストリーミングデバイスやネットワークゲームなど、安定した有線接続が必要なケースでも、ポート不足の心配がありません。

また、WAN/LANポートは1Gbpsに加えて、2.5Gbpsにも対応しているので拡張性も十分です。

ワンポイントメモ

2.5Gbps WAN/LANポートが搭載されているので、契約しているインターネットの上位回線が1Gbps以上の方は、その通信速度を最大限活用することができます。

また、上位回線がそこまで高速でない場合でも、家庭内有線LANを高速な2.5Gbpsで構築することで、NASとの高速通信が可能です。

マルチギガ対応!

特長1:Wi-Fi6E×6ストリームの低遅延・高速通信

「Archer AXE5400」は、最新のWi-Fi通信規格Wi-Fi6Eに対応、最大5400Mbpsの高速なWiーFi通信を実現します。

Wi-Fi6Eは、Wi-Fi6を拡張(Extended)された規格で、新たに6GHz帯の周波数を拡張したことにより、2.4GHz帯・5GHz帯・6GHz帯の3つに対応(トライバンド)になるため、使える周波数が多い分、電波干渉や混雑などで通信速度が低下しづらくなりました。

6GHz帯で使える通信帯域のチャンネルが、従来高速とされていた5GHz帯と比べても増加。

さらに6GHzでは、複数チャンネルを束ねて通信帯域の幅を広げる「ワイドバンド化」により、最大スピードが向上するだけではなく、大容量データでも少ない遅延で高速な通信が行えるようになりました。

これにより、通信ラグをおさえたいオンラインゲームをはじめ、4K/8K動画やVRコンテンツ視聴を快適に楽しめます。

トライバンド対応で周波数を使い分け

Wi-Fi6の「トライバンド対応」といえば、2.4GHz1つに5GHzを2つ合わせた無線LANルーターでしたが、「Archer AXE5400」は、従来の5GHz帯と2.4GHz帯に6GHz帯に加えた3つの帯域の電波を使える”真のトライバンドに対応した無線LANルーター”になりました。

最大通信速度も、3つの帯域をあわせて6ストリームで5,400Mbps(2.4GHz:574Mbps+5GHz:2.4Gbps+6GHz:2.4Gbps)もあるため、ユースケースに応じて帯域を使い分けることで、快適なインターネット通信をストレスなく楽しめます。

ワンポイントメモ

非常に魅力的なWi-Fi6Eですが、課題はまだまだ対応デバイスが少ないところ。

6GHzのメリットを最大限活用するには、接続するデバイス(パソコンやスマホ)も6GHz対応である必要があります。

私の手持デバイスでは、昨年秋に発売された「iPhone 15Pro」のみ対応です。

対応デバイス
に注意!

ネットワークパフォーマンス結果①(単体)

ここでは、「Archer AXE5400」単独での通信速度とWiーFiのカバレッジを計測して、その実力を検証します。

Wi-Fi6Eに対応した「iPhone 15 Pro」を使い、6GHzでの帯域での評価になります。

計測環境
  • 通信環境:上位回線1Gbps CATV光回線、共有LANタイプ
  • テスト空間:鉄筋マンション、100㎡(3~4LDK相当)
  • 計測時間:混雑しがちな午後22時ごろ
  • 計測ツール:速度はFast.com、状態はWi-Fiミレル利用
  • 計測デバイス:Apple iPhone 15 Pro
  • 設置方法:親機(Archer AXE5400)をマルチメディアコンセント接続

計測結果がこちら。

「Aecher AXE5400」単体でも、見渡せる場所での通信スピードは、Wi-Fi6E(6GHz接続)のおかげで非常に満足度の高い結果となりました。

一方で居住スペース全般でみた場合、親機から離れるにしたがって無線の電波状態が減衰。
もっとも離れた部屋(図下方)では、電波も弱くなり、通信スピードも落ちていることがわかります。

過去にレビューしてきた「Archer」シリーズの中では、ルーターの見通しのよいエリアでの通信速度は最速、一方、電波のカバレッジは最弱の結果となりました。

Archer AX73V(Wi-Fi6, デュアルコアCPU)

Archer AX3000(Wi-Fi6, デュアルコアCPU)

Archer AX80(Wi-Fi6, クアッドコアCPU)

ワンポイントメモ

私の居住環境では、「Archer AXE5400」単体で全体をカバーすることは難しいことがわかりました。

改善方法としては、中央付近にLANポートがあれば、無線LANルーターの位置を物理的に中心部に変えるか、もしくは中継器を組み合わせて「メッシュWi-Fi」を構築することでカバレッジをあげることが可能です。

特長2:メッシュWi-Fi対応で広範囲に無線を安定拡張

「Archer AXE5400」は、単体では電波が届きにくい場合でも、TP-Linkの中継器を後付けで追加することで、メッシュWi-Fi網を構築して、無線LANのエリアを拡張可能です。

従来の中継器では電波の届く範囲を広げることはできましたが、通信速度が犠牲になりがちでした。

メッシュWi-Fiは、通信速度をキープしながら無線の届く範囲を拡張。
さらに単一のネットワーク(SSID)上で動作するため、最適なWi-Fiに自動接続(シームレスローミング)が可能です。

ワンポイントメモ

メッシュWi-Fiは、

  1. Wi-Fiの届く範囲を拡張する
  2. 複数機器が同時接続しても安定する
  3. 最適なWi-Fiに自動的に切り替わる

と大きく3つのメリットがあります。

広範囲で安定した通信が可能!

また「Archer AXE5400」は、TP-Link独自規格の「OneMesh」とWi-Fi業界標準規格の「EasyMesh」の2つのメッシュWi-Fi規格に対応しています。

中継器が他社であっても、EasyMesh規格対応製品であれば、「Archer AXE5400」と連携してメッシュWi-Fi(EasyMesh)網をつくることができます。

ワンポイントメモ

「EasyMesh」とは、Wi-Fi Allianceが策定した業界標準規格で、メーカー間での相互接続が可能なメッシュWi-Fi規格。

OneMeshではできなかった、ルーター同士のメッシュWi-Fiも構築可能です。

独自規格のOneMeshや、Decoシリーズのメッシュ規格と互換性はないので注意しましょう。

参考 TP-Link EasyMesh対応デバイス一覧

相互互換性には
注意!

ネットワークパフォーマンス結果②(メッシュWi-Fi)

ここでは、「Archer AXE5400」を親機、「Archer Air E5」を中継器としてメッシュWi-Fi(OneMesh)を構築した環境下で、通信速度とWiーFiのカバレッジを計測してみました。

こちらも計測デバイスとしては「iPhone 15 Pro」を使っていますが、6GHz帯域はOneMeshには対応していないため、2.4/5GHzでの帯域での評価になります。

計測環境
  • 通信環境:上位回線1Gbps CATV光回線、共有LANタイプ
  • テスト空間:鉄筋マンション、100㎡(3~4LDK相当)
  • 計測時間:混雑しがちな午後22時ごろ
  • 計測ツール:速度はFast.com、状態はWi-Fiミレル利用
  • 計測デバイス:Apple iPhone 15 Pro
  • 設置方法:親機(Archer AXE5400)×中継器(Archer Air E5)でOneMeshを構築

計測結果がこちら。

一目瞭然、AXE5400単体の時よりもOneMeshによるメッシュWi-Fi網を構築することで、Wi-Fiのカバレッジが向上し、居住スペースのすみずみまで広がっていることがわかります。

また通信速度・レイテンシーも大きく向上(77Mbps→370Mbps、42Mbps→350Mbps)しており、インターネット利用ではストレスを感じないレベル感です。

尚、今回の計測テストではWi-Fi6対応(AX3000)の中継器(Archer Air E5)を使用しましたが、Wi-Fi6Eの速度を最大限に活かすためにはこちらのW-Fi6E対応中継器がおすすめです。

特長3:IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応で混雑回避

「Archer AXE5400」は、は、次世代インターネット接続方式「IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)」に対応しています。

IPv6は、これまで大多数の人がアクセスしているIPv4(PPPoE)とはまったく別の通信回線となり、より高速で快適なインターネット接続が可能になります。

IPv6 IPoEを利用するためには別途回線契約が必要ですが、4K/8K・VR動画視聴やオンラインゲームもより快適な環境で楽しむことができます。

ワンポイントメモ

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)は、インターネット通信を行うためのルールを表すインターネットプロトコル(IP)のひとつ。

メリットを一言でいえば、従来のIPv4によるインターネット接続に比べて「ピーク時の混在回避」が期待できること。

従来のIPv4とIPv6は一般道と高速道路で例えられるように、特にネットワーク回線が混みがちな夜間の時間帯はストレスがない接続環境を実感することができます。

混雑回避で快適!

※IPv6 IPoE対応ISPはこちらを確認してください。
参考(公式サイト) IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応確認済みリスト

スリムで縦型設置可能な、Wi-Fi6E対応無線LANルーター

総合評価:★★★★

以上、TP-LinkのWi-Fi6E対応無線LANルーター「Archer AXE5400」のレビューでした。

「Archer AXE5400」は、

  • Wi-Fi 6E(トライバンド)で混雑干渉リスク軽減
  • 縦置き&壁掛け設置対応
  • メッシュWi-Fi対応(EasyMesh互換)
  • マルチギガ対応(2.5Gbps WAN/LAN搭載)
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応
  • VPNクライアント機能

が特長の無線LANルーターでした。

単体での利用も可能ですが、より広い居住スペースで安定したWi-Fiを期待するのであれば、後付けで中継器を追加するだけで手軽にメッシュWi-Fiも構築できるので安心です。

現時点では6GHz対応機器がまだ少ないことが課題ですが、拡張性も高く、先をみすえて長く使える次世代無線LANルーターとして検討してみてはかがでしょうか?

レビュー
自宅でも「おうち時間」を楽しく過ごす方法
  • 名作からヒット作品まで、映画やドラマも「見放題」
  • ビジネス書から漫画や雑誌も「読み放題」の読書体験!
  • お好みの音楽が200万曲の中から「聴き放題」

\今なら30日間無料体験/
Amazon Primeを見てみる

Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\ シェア /
\青丹よしのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。