【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【UB500 レビュー】後付けでワイヤレス環境を手軽に追加・アップデートできるBluetoothアダプター

Bluetoothが搭載されていないパソコンに、後付けするだけで手軽にBluetooth対応にできるアイテムが「Bluetoothアダプタ」です。

Bluetoothに対応したいパソコンなどの機器にこのアダプタを接続するだけ。

あとは通信をおこないたい機器とペアリングするだけで、使用可能になります。

わが家ではノートパソコンを主に利用するということもあり、デスクトップパソコン(Windows 10)は買い替えずに古い機種を使い続けており、Bluetooth対応ではありませんでした。

購入した当初は、正直Bluetooth対応デバイスも少なく困ることはなかったのですが、最近では主流になっているBluetooth対応のサウンドバーやワイヤレスイヤホンを使うようになったこともあり、対応をおこなう必要がありました。

そこで今回導入したのは、こちらのコンパクトなBluetoothアダプタ、TP-Linkの「UB500」です。

\後付けでワイヤレス機能を追加/

TP-Link 「UB500」の概要

注目ポイント

  • Bluetooth 5.0・Class 2対応、通信速度も距離も大幅に向上
  • コンパクトなナノデザイン、ノートPCでも邪魔にならないサイズ感
  • Windows10/8.1なら、USBにさすだけドライバー自動インストール

仕様・スペック

製品名TP-Link「UB500」
サイズ14.8 × 6.8 × 18.9 mm
規格及びプロトコルBluetooth 5.0(Class 2)
対応プロファイルA2DP、AVRCP、BIP、BLP、BPP、CSCP、DI、DUN、FMP、FTP、GLP、HCRP、HFP、HID、HOGP、HRP、HTP、OPP、PAN、PXP、RSCP、SPP、SYNCH
インタフェースUSB2.0
同梱品UB500本体、かんたん設定ガイド
対応OS対応OS::Windows 10/8.1/7

TP-Link 「UB500」のレビュー

外観:コンパクトなナノデザインですっきり装着

UB500はナノデザインモデルということで極限にまでコンパクトに設計されています。

小型なので、特に持ち運び頻度の高いモバイルノートでもでっぱりが少なくスッキリ感じます。

コンパクトさとのトレードオフになりがちな取り外しやすさについても、特につかみづらいということもない、絶妙なサイズ感。

機能:Bluetooth5.0対応で通信速度も距離も大幅向上

「UB500」はBluetooth 5.0に対応しているので、従来のBluetooth4.0との比較では

  • 通信速度:2倍程度(2Mbps)
  • 通信距離:4倍程度(20m)
  • データ容量:8倍程度(255Bytes)

と同じ消費電力でも、大きく性能がアップしています。

参考 Bluetoothバージョンと主な特長

Bluetooth バージョン主な特長
1.0一般公開された普及バージョン
2.0最大転送速度を3Mbpsに変更できるEDR(Enhanced Data Rate)機能を実装
3.0最大転送速度24MbpsのHS(High Speed)機能を実装
4.0大幅な省電力化を実現するLE(Low Energy)機能を実装
4.1LEの強化、LTEとの通信干渉を抑制
4.2データ通信速度2.5倍高速化。
5.0データ通信速度4.0の2倍
通信範囲が4.0の4倍
通信容量が4.0の8倍に強化
メッシュネットワークに対応
5.1方向探知機能追加
5.2LE Audio機能の実装

最大の性能を発揮するためには、同じバージョンのBluetoothに対応した機器にそろえる必要があります。

Bluetooth 5.0に対応した機器同士では、高速かつ長距離のワイヤレス通信が可能になります。

対応プロファイル

また「UB500」の対応プロファイル(対応する機能)は、以下の通り。

プロファイルとは、Bluetoothの標準仕様の一つで、機器や機能の種類ごとに標準の通信方式や操作手順などを定めたものです。

機能の提供側と利用側が同じプロファイルに対応していれば、機器ごとの個別の仕様に対応することなく通信することができるようになっています。

「UB500」は幅広いプロファイルに対応しています。

参考 Bluetooth対応プロファイルとその機能

略称正式名称機能
A2DPAdvanced Audio Distribution Profile音楽再生
AVRCPAudio/Video Remote Control Profileオーディオ・ビデオ機器制御
DUNDial-Up Networking Profileダイヤルアップ接続用
HFPHands-Free Profileハンズフリー
HIDHuman Interface Device Profileマウス・キーボード入力
SPPSerial Port Profileシリアル通信
BLPBlood Pressure Profile血圧値測定
FMPFind Me Profile置き忘れ防止
HOGPHID over GATT Profileマウス・キーボード入力
HRPHeart Rate Profile心拍数測定
PXPProximity Profile近接判定
BIPBasic Image Profile画像転送
BPPBasic Printing Profile印刷機能制御
FTPFile Transfer Profileデータ転送
HCRPHardcopy Cable Replacement Profileプリンターへのデータ転送
HTPHands Free Profileヘッドセットでハンズフリー通信
OPPObject Push Profile携帯電話同士のデータ転送
PANPersonal Area Networking Profile複数のPC間でネットワーク環境構築
SPPSerial Port ProfilePC間でシリアル接続
SYNCHSynchronization ProfilePC間や携帯電話等の間でデータ転送、自動同期
DIDevice Identification ProfileSDP利用してデバイス固有情報を提供
RSCPRunning Speed and Cadence Profileランニング時のスピードや歩幅などの情報を伝送
HRPHeart Rate Profile心拍計情報伝送
CSCPCycling Speed and Cadence Profileサイクリング時のスピードや回転数などの情報を伝送
GLPGlucose Profile血糖値の情報を伝送

設定:Windows 10ならドライバー自動インストール

基本的な設定方法

Bluetooth機能のないパソコンの場合、「UB500」をUSBポートに差し込みます。

Window 10/8.1であれば、そのまま自動的にドライバーがインストールされ、再起動することで、「UB500」がBluetoothデバイスとして認識され、すぐに使えるようになります。

※古いバージョンのOSでは、TP-Linkのサイトから、最新のドライバーをダウンロードしてインストールする必要があります。

参考 TP-Link「UB500」ドライバーダウンロード

また、UB500を接続しようとしているパソコンに、既に古いバージョンのBluetooth機能が搭載されている場合は、まず最初に「デバイスマネジャー」より古いBluetoothを無効にした上で、USBポートに「UB500」を装着します。

それではそれぞれのケースごとに設定方法をみていきましょう。

1.パソコンに後付けしてBluetooth機能を追加する

わが家のデスクトップPCにはBluetooth機能が搭載されていなかったのですが、Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンやサウンドバーを接続するために、「UB500」を使って、ワイヤレス接続できるようにしました。

Windows 10では、USBポートに「UB500」をさすことで自動でドライバーがインストールされます。

dalahast
dalahast

Bluetoothアダプタが自動認識されるまであっという間、一瞬です。Windows 10/8.1であれば何もしなくてもOK。

再起動後、デバイスマネジャーで確認すると、Bluetoothアダプタとして認識されていることがわかります。

あとはBluetooth経由で接続したいデバイスを、個別にペアリングすることで利用可能になります。

タスクバーよりBluetoothアイコンをクリックして、「Bluetoothデバイスの追加」を選択。

「Bluetoothとその他のデバイス」で、「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」を選択。

最後に、Bluetoothで接続したいデバイス(ワイヤレスイヤホンなど)を選んでペアリングします。

「UB500」を使うことで、最大7台までペアリング可能です。

Bluetooth機能が搭載されていなかったデスクトップパソコンでも、Bluetooth対応のキーボードとマウスに加えて、サウンドバーやワイヤレスイヤホンに接続できるようになりました。

dalahast
dalahast

ワイヤレスにすることで、デスクまわりを見ためもすっきりした環境に整理することができました。

2.既存のBluetoothを最新のバージョンにアップグレードする

自宅にあるプライベートと業務用のノートパソコンで、共通する悩みが1つありました。

それは、部屋を移動するとBluetooth接続が頻繁に途切れること。

いわゆる「音飛び」です。

プライベートのノートパソコンでは、主にAmazon Musicなどの音楽ストリーミングサービスをパソコンからワイヤレスイヤホンで楽しんでいますが、再生するパソコンから少し離れると、音楽が途切れがち。

また在宅勤務中、業務用ノートパソコンでもワイヤレスイヤホンやヘッドセットでWEB会議に接続しているときに、同様の現象がおこりがちでした。

dalahast
dalahast

会議中にお茶を入れるためにキッチンに移動したり、宅配便受け取り対応で、ワイヤレスイヤホンをしたまま離席すると、音切れ状態になりがちでした。

原因は、パソコンが古い規格のBluetooth対応だったから。

今使っているパソコンに搭載されているBluetoothのバージョンを調べるためには、「デバイスマネジャー」からBluetoothを右クリック ⇒ 「詳細設定」のファームウェアバージョンにあるLMP (Link Manager Protocol) を確認します。

参考 PC に搭載されている Bluetooth のバージョンを確認する方法(マイクロソフト公式サポートページ)

ノートパソコンに搭載されているBluetoothのバージョンについて調べたところ、LMPバージョンは、業務用PCは8.256、プライベートPCは8.4096で、いずれもBluetoothコア仕様は古い「Bluetooth 4.0」対応であることがわかりました。

↓ プライベート用PCのBluetoothバージョン

もし、私と同じような「音飛び」の悩みのある方は、Bluetooth を最新のバージョンに対応したものにすると改善するかもしれません。

dalahast
dalahast

注意点としては、Bluetooth5.0の性能を最大享受するためには、ペアリングするイヤホン等のデバイスも、「UB500」と同じBluetooth 5.0対応であることが必要です。

Bluetoothの切替方法

パソコンにすでにBluetoothが搭載されている場合、まず最初に今認識しているBluetoothデバイスを「無効」にします。

デバイスマネジャーから該当するデバイスを選択、右クリックで表示されるものから「デバイスを無効にする」を選択することで無効になります。

dalahast
dalahast

必ず無効にしてから「UB500」を接続しましょう。

その後、「UB500」をUSBポートに接続すると、新しいBluetoothデバイスとしてデバイスマネジャー上で認識されていることがわかります。

dalahast
dalahast

今回、新しいBluetooth 5.0に対応した「UB500」に切り替えることで、通信速度も2倍、通信距離も4倍に向上した恩恵か、これまで悩まされていた音飛びがなくなりました。

こんな人におすすめ

  • Bluetooth非対応のPCを使っていて、後付け・低コストで拡張したい方
  • Bluetooth旧バージョン対応のPCを使っていて、アップデートしたい方 
  • お手持ちのBluetooth 5.0対応機器の能力を最大限活かしたい方

まとめ:ワイヤレス時代には必須!手軽に機器をアップデートするBluetoothアダプタ

総合評価:★★★★★
設定の容易さ:★★★★★
携帯性:★★★★★
機能性:★★★★★

テレワーク時のヘッドセットや音楽鑑賞時のワイヤレスイヤホン、デスクトップのサウンドバーなど、Bluetooth対応機器はいまや主流になっています。

通信速度と通信距離が大幅に改善されたBluetooth 5.0に対応した「UB500」を使えば、ワイヤレス通信環境がより快適になり、動画・音楽鑑賞からWEB会議などのコミュニケーションまで、大きく生活体験が向上することは間違いないでしょう。

dalahast
dalahast

もし、あなたのパソコンのワイヤレス機能を強化したいのであれば、低コストでワイヤレス環境を手軽にアップグレードできるアイテムとして、「Bluetooth アダプタ」を検討してみてはいかがでしょうか?

\後付けでワイヤレス機能を追加/
レビュー
自宅でも「おうち時間」を楽しく過ごす方法
  • 名作からヒット作品まで、映画やドラマも「見放題」
  • ビジネス書から漫画や雑誌も「読み放題」の読書体験!
  • お好みの音楽が200万曲の中から「聴き放題」

\今なら30日間無料体験/
Amazon Primeを見てみる

Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。