フライパンでアサリのパエリア おうちスペイン料理

この記事の所要時間: 26


フライパンでアサリのパエリア

この3連休は実家でまったりと過ごしました。
まったり=食べてのんで・・・・ということで、おうちでつくる簡単スペイン料理!
まずはフライパンでつくるアサリのパエリア。
ムール貝もカルディなどで手軽に買うことができますが、旬なアサリでも十分美味しい魚介エキスたっぷりなパエリアができます。

このパエリアのポイントは、アサリの蒸し汁をスープとして使うところです。

【材料((4人分)】

・米 カップ2
・アサリ (砂抜きしたもの250g程度)
・白ワイン 大さじ2
・イカ 2はい
・海老 4尾(今回は赤海老を使いました)
・たまねぎ 1/2コ(みじん切り)
・ニンニク 1かけ(つぶす)
・エリンギ 1パック(縦4等分、長さ半分に切る)
・トマト 1コ(1センチに角切り)
・顆粒チキンスープの素 小さじ1
・イタリアンパセリ 少々(生をみじん切り)
・レモン 1コ(くし形に切る)
・塩 小さじ2/3
・オリーブ油 大さじ2~3

【作り方】

①砂抜きしてよく洗ったアサリを耐熱ボウルに入れて白ワインをふりかけ、ラップをして電子レンジで約3分間かける。
※アサリのくちが開くまで
②イカは内蔵などを取り除き、1cm幅の輪切りにする。
③野菜もそれぞれ切る。
④ボウルにたまったアサリの蒸し汁を別の容器に分ける。
⑤④の蒸し汁にお湯を足して480mlにして、チキンスープの素と塩小さじ2/3を溶いてアサリのスープをつくる。
⑥フライパンにオリーブ油大さじ1をひいて熱し、エリンギ、イカの順に加えて炒め、イカの色が変わったらすべて取り出す。
⑦具を取り出したら、フライパンにオリーブ油大さじ2~3とすりつぶしたニンニクを入れて、中火で炒める。
⑧たまねぎを加えて、たまねぎが透き通るまで炒める。
⑨米を洗わずに加えて炒めあわせる。
⑩米がツヤツヤと透き通ってきたら、角切りにしたトマトを加え、⑤のアサリの蒸し汁スープを加える。
⑪スープが沸騰したら、フライパンの底のほうから混ぜ、炒めておいたエリンギ、イカ、海老をのせてフライパンに蓋をして、弱火にして12~15分間程度、水分がなくなるまで炊きあげる。
⑫火を止めてふたを取り、取り分けておいたあさりを表面に散らし、8分程度蒸らす。フライパンでパエリア
⑬蓋を取り、強めの中火にかけて残った水分をとばす。
⑭最後にみじん切りにしたイタリアンパセリ(パセリでも可)、くし切りにしたレモンを飾って出来あがり。

小皿に取り分けて、レモンを絞って食べます。
フライパンでパエリアとりわけ
今回はあわせて、鶏肉のオレンジジュース煮とスパニッシュオムレツのトルティーリャをつくりました。
ワインがすすみます。
鶏肉のオレンジソース煮スパニッシュオムレツカット

タパス系はお気に入りのおおつきちひろさんの料理本、「タパス みんなでつまむスペインの喜び」が参考になります。
トルティーリャはおおつきさのレシピです。
見た目ほど重くなく、どんどんいけちゃう美味しさです。

タパス みんなでつまむスペインの喜び

著者/訳者:おおつき ちひろ

出版社:文化出版局( 1997-05-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,728

大型本 ( 95 ページ )

ISBN-10 : 4579205731

ISBN-13 : 9784579205738


スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

宜しければフォローお願いします!
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

宜しければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク