【レシピ】まぐろの五香焼きパスタ 白ごまと青じそ、ミョウガの組合せが絶妙な和風パスタ

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 25

マグロパスタ

斉藤辰夫先生のオリジナルレシピ、「まぐろの五香焼き」をトッピングして和風パスタに仕立てました。

お刺身用のまぐろの柵があれば、あとはゴマ、納豆、青じそ、茗荷(ミョウガ)、わさびの5つの香りで風味づけするだけ。
香味野菜をプラスすることで、いつものお刺身とは違った新しい、初夏にぴったりのおもてなし料理になります。

まぐろのレアな感じがなんともいえない美味しさです。

以前はこんな炙り丼をつくりましたが、こちらも夏に向けておすすめの丼ぶりです。

夏にぴったり!鮪の炙り丼で食欲増進。
夏でもさっぱりモリモリ食べれる夏野菜を使った丼、「夏丼」。 夏丼に大切なのはご飯の温度。最適なご飯の温度は60度とのこと。炊きたて...
スポンサーリンク

「まぐろの五香焼き」パスタのレシピ

マグロパスタ

【材料(2人前)】

・青じそ 1把(約10枚)

・ミョウガ 3個

・トマト 1/2個(1cm角切り)

・キュウリ 1/2本 (半分に切って斜め薄切り)

・まぐろ(刺身用)1柵(200g)

・白ゴマ 適量

・小粒納豆(またはひき割り納豆)1パック(45g)

・練りわさび 小さじ1

・ポン酢醤油 大さじ1

・塩、コショウ、サラダ油 適量

・オリーブオイル 少々

・昆布茶 小さじ1/2~1お好みで

・パスタ 200g程度

【作り方】

1.青じそは食べやすくちぎり、ミョウガは小口切りにしておく。トマトは1㎝角切り、キュウリは半分に切って斜めに薄切りにしておく。

2.まぐろに塩、コショウ各適量をふり、白ごまを全体にまぶす。まぶした面を軽く手で押さえるとしっかりとくっつく。

3.フライパンにサラダ油少々を中火で熱し、まぐろのゴマがついた面をさっと香ばしく焼く。

4.ボウルに納豆を入れてよく混ぜ合わせて粘りけを出し、練りわさびを加えてさらに混ぜあわせる。

5.4にミョウガ、青じそ、キュウリ、ポン酢醤油を加えて混ぜ合わせる。

6. パスタを指定時間通り茹で、水気をきったら、ボウルの中でオリーブオイルと昆布茶を混ぜわせる。

7.パスタを器に盛り、角切りのトマトと3で焼いたまぐろを食べやすい大きさに切って盛りつける。

8.最後に4のタレをパスタにまわしかけて出来上がり。

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.