【レシピ】 基本の豚汁のつくり方 栄養たっぷりの具材で体調回復の味噌仕立てスープ

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 222

体調不良の家族のために、栄養価の高い豚汁をつくってみましたので備忘録としてメモ。

豚肉にはお肉と野菜が煮こまれているため、バランスのよい食事のひとつです。
豚肉には良質なたんぱく質が含まれている他、食感のアクセントになる根菜の中でも牛蒡は食物繊維が豊富です。

また豚肉に含まれるイノシン酸、ベースとなる味噌にはグルタミン酸が含まれており、この組み合わせでスープが美味しくなるのは言うまでもありません。
体調がすぐれない時に関わらず、豚汁を飲んで身体の芯から温まりましょう。

Sponsored link

絶対失敗しない基本の豚汁のレシピ

【材料(4人分)】

・豚バラ肉: 150g

・豆腐: 1/2丁

・ごぼう:1/2~1本 2mm程度に斜め切り、水にさらす

・長ネギ: 1/2本 輪切り

・こんにゃく: 1/2個 手でちぎる

・大根:4センチ程度 いちょう切りまたは半月切り

・人参:4センチ程度 いちょう切り

・出し汁:600CC(3カップ)

・味噌:大さじ1(味噌マドラーで大1つ分)

・生姜: 1片みじん切り

・にんにく: 1片みじん切り

・ごま油:適量

・あさつき:適量

【つくり方】

1.具材を食べやすいサイズにカットする。

豚肉は2~3cm幅に切る。こんにゃくは手で一口大にちぎる(今回は灰汁取り不要のこんにゃくを利用)。大根と人参は皮をむいて四つ割りにし、端から3mm厚さのいちょう切りにする。ねぎは5mm厚さに切る。

2.牛蒡を事前に炒める。

フライパンにごま油を熱して、ごぼうを炒めて、いったん取り出す。

3.味の決め手、豚肉を炒める。

フライパンにごま油を熱して、豚肉とくずし豆腐をいためる。生姜とにんにくを加えて炒める。

4.出し汁を加えて煮込み、灰汁を取る。

色がかわったら、ネギ以外の具材をいれて炒め、出し汁を加えて煮立ったたら灰汁をとる。

5.味噌を加える。

味噌を半量加えて、15分程度煮込む。

6.ネギを加えて出来上がり。

最後に残りの味噌を加えて煮込み、ネギを加えてかるく煮立ったらできあがり。

7.盛りつけて薬味をお好みでどうぞ。

器にもり、あさつきを散らす。お好みで七味や一味をふりかけていただく。

豚汁にあう丼もの 「鮪の炙り丼」

メインは「鮪の炙り丼」です。いつも漬け丼もひと手間かけて、見た目もよく食欲がわきますね。

つくり方はこちらの記事を参考にしてください。

【レシピ】 夏にぴったり!鮪の炙り丼で食欲増進。
夏でもさっぱりモリモリ食べれる夏野菜を使った丼、「夏丼」。 夏丼に大切なのはご飯の温度。最適なご飯の温度は60度とのこと。炊きたてご飯を丼...
Sponsored link
SNSアイコンテスト
【レシピ】 基本の豚汁のつくり方 栄養たっぷりの具材で体調回復の味噌仕立てスープ
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

Sponsored link

このサイトをフォローする