【レシピ】 コウケンテツさんの薬味たっぷり油淋鶏(おかずのクッキング)

この記事の所要時間: 144

カリッと香ばしくて中身はジューシーな油淋鶏(ユーリンチ)は夏のおかずの定番です。

油淋鶏には季節の香味野菜でつくったさっぱりソースでいただきます。

キンキンに冷やしたビールと揚げたての油淋鶏。まさに至福の時間。

今日は「おかずのクッキング」で紹介されていた、料理研究家コウケンテツさんのレシピでつくってみました。

以前つくった油淋鶏はケンタロウさんのレシピでした。こちらも美味しかったので何度もリピートしています。

久しぶりに料理ネタです。少し前になりますが男子ごはんで「ユーリンチー(油淋鶏」が取り上げられていました。 これは低コスト且つお手軽にできる...
スポンサーリンク

薬味たっぷり油淋鶏のレシピ

【材料(2人前)】

・鶏もも肉 小2枚

・長ねぎ 5㎝分 みじん切り

・ミョウガ 1個分 みじん切り

・青じそ 5枚分 みじん切り

・サラダ油 適量

・片栗粉 適量

・レタス 適量

<下味>

・生姜 1片分 すりおろし

・醤油 小さじ2

・酒 小さじ2

<油淋鶏のタレ>

生姜 1/2片分 みじん切り

・にんにく 1/2片分 みじん切り

・醤油 大さじ2

・酢 大さじ1

・水 大さじ1

・砂糖 大さじ1

・ごま油 大さじ1

【作り方】

1.鶏もも肉は包丁で切り込みをいれて「筋切り」をする。

2.鶏もも肉に下味をつける。バットに醤油(小さじ2)、酒(小さじ2)、おろし生姜(1片分)を加えて、鶏もも肉全体に味をなじませる。

3.長ネギ、ミョウガ、青じそを粗めのみじん切りにする。

4.油淋鶏のタレの材料をすべて混ぜ合わせておき、ラップをして600Wの電子レンジで30秒ほど加熱する。

5.3の香味野菜を4のタレにあわせる。

6.2の鶏もも肉に片栗粉を両面にたっぷりとまぶす。

7.フライパンに油を熱し、6の鶏もも肉を皮目からいれて、弱めの中火で5分程じっくりと揚げていく。※皮目から7割揚げるのが目安です。

8.鶏もも肉の端がカリッと揚がってきたら、裏返して上面に油をかけ3分程揚げる。火をとめて余熱で1分火を通す。

9.鶏もも肉についた油をきって、食べやすい大きさに切り分け、レタスを敷いたお皿に盛り付け、5のタレをかけて出来上がり。

スポンサーリンク
この記事を書いたのは

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

よろしければこの記事をシェア御願いします!

スポンサーリンク