【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【レシピ】秋田の郷土菓子「バター餅」切り餅でつくる、しっとり甘い和スイーツ

バター餅

秋田県北秋田市を中心に40年以上前から食されてきた郷土菓子、「バター餅」
ほんのり甘くて、しっとりやわらかい、どこか懐かしい味のする和スイーツです。

バター餅はバターを入れることで時間をおいても硬くなりづらく、餅のやわらかな食感が保たれることから、もともとは冬に狩猟をするマタギの間で保存食として重宝されていたそうです。

お正月に備えて買った切り餅が余っているなら、ぜひ一度つくってみてください。
甘すぎず、しっとり柔らかな食感と口に広がるバターの風味が癖になる美味しさです。

尚、たくさん作りすぎて余ったバター餅を保存する場合は、打ち粉をたくさんまぶして、冷蔵庫にいれておけばくっつきづらくなります。

切り餅でつくるお菓子であれば、以前ご紹介した「胡桃柚餅子(くるみゆべし)」もオススメです。

【レシピ】 胡桃柚餅子(くるみゆべし)もちもち食感の郷土菓子
柚餅子(ゆべし)は源平時代より伝わる郷土料理のひとつ。 全国各地にそれぞれ特色のある柚餅子があり、地域によって材料や作り方が違っています。 柚餅子は今では和菓子として食されることが多いですが、昔は保存食や携帯食としてつくられていたといわれ...

秋田の郷土菓子「バター餅」のレシピ

【材料(2~3人前】

  • 切り餅 4個(スリット入りの切り餅だと分割しやすくて便利)
  • 水 100ml程度
  • 砂糖 大さじ3 ★
  • 塩 ひとつまみ程度 ★
  • 卵黄 1個(白身はもったいないので、味噌汁などにいれる等、他の料理で使うとよい。)★
  • 片栗粉 大さじ1★
  • バター 10g~15g程度(無塩バターがあればよいがなくてもよいが、有塩バターの場合は塩加減を調整)
  • 打ち粉 適量(打ち粉がなくても片栗粉で代用できる)

【作り方】

  1. 耐熱ボウルに割った切り餅、水100mlをいれてラップをかけて、電子レンジ(600W)で4分程度加熱する。
    ※スリット入りの切り餅だと手で割りやすくて扱いやすい。包丁で切り分けてもよい。バター餅 切り餅に水
    ラップをして電子レンジへ。
    バター餅 電子レンジでチン
    ※温めている間に、バットにラップを敷いて片栗粉をまぶしておくとよい。
    バター餅 バットに片栗粉
  2. ボウルにたまった水分を捨て、熱いうちに★の砂糖、塩、卵黄、片栗粉をいれて、ゴムヘラなどでよく混ぜ合わせる。
    ※餅があつあつの溶けた状態に。余分な水分を流して、手早くその他材料をいれる。
    バター餅 切り餅溶ける
    卵黄、砂糖、塩、片栗粉を加えて手早く混ぜる。
    バター餅 卵など投入
  3. 混ぜ合わさったら、バター10gをいれて、全体にいきわたるようにしっかりと混ぜ合わせる。
    ※卵黄の色でここまで黄色くなる。
    すかさずバターも加えて、まんべんなく生地にいきわたるように混ぜ合わせる。