【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【Archer AX73V レビュー】Wi-Fi6×IPv6×メッシュWi-Fi全部入り!コンパクトでスリムな無線ルーター

無線LANルーターはハイスペックになればなるほど、本体サイズが大きくて設置場所に悩みがちです。

今回ご紹介するTP-Linkの「Archer AX73V」は、日本の住宅事情を反映したアンテナ内蔵型のスリムな筐体で、わずかな隙間でも、すっきり縦置き設置できる無線LANルーターです。

コンパクトな本体はデザイン性はもちろん、機能性も十分。

次世代インターネット接続方式「IPv6 IPoE」にも対応するだけでなく、メッシュWi-Fiにも対応した拡張性のあるモデルです。

ワンポイントメモ

同シリーズのArcher AX80とArcher AX3000の間に位置する、Amazon専売のミドルハイエンドクラスのルーターです。

参考 3モデルの仕様比較(公式)

本レビューはメーカーより製品提供を受けて、自宅環境にで実際に使ってみてよかったところ、悪かったところを正直にレビューしています。

「Archer AX73V」の製品概要

個人的に注目したポイント

  • Wi-Fi 6対応で超高速Wi-Fi
  • 縦置き&壁掛け設置対応
  • メッシュWi-Fi対応(EasyMesh互換)
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応
  • VPNクライアント機能

製品仕様について

製品名 TP-Link Archer AX73V
本体サイズ 200 × 189 × 59 mm(幅×奥行×高さ)
本体重量  609g(スタンド込みの実績値)
無線通信規格 Wi-Fi 6
• IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz
• IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz
Wi-Fi速度 AX5400
• 5 GHz: 4804 Mbps (802.11ax, HE160)
• 2.4 GHz: 574 Mbps (802.11ax)
Wi-Fi性能 デュアルバンド、OFDMA、エアタイムフェアネス、DFS、6ストリーム、4×4 MU-MIMO
IPv6 IPoE
(Ipv4 over IPv6)
v6プラス・OCNバーチャルコネクト・DS-Liteに対応
動作モード
  • ルーターモード
  • ブリッジモード(アクセスポイントモード)
有線WAN/LANポート
  • ギガビットWANポート×1
  • ギガビットLANポート×4
Wi-Fiセキュリティ WPA3, WPA2, WPA, WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
ネットワークセキュリティ HomeShield対応(詳細
VPNサーバ・クライアント
  • OpenVPN
  • PPTP
  • L2TP
メッシュWi-Fi
利用間取り目安 戸建て3階建、マンション4LDK
最大接続台数 80台
CPUプロセッサー デュアルコアCPU
アンテナ デュアルバンド高性能アンテナ×4
電源 12V/2A
システム要件 Internet Explorer 11/Firefox 12.0/Google Chrome 20.0/Safari 4.0以上の Javaに対応したブラウザ
管理アプリ TP-Link Tether(iOS, Android)、Web管理画面(GUI)
パッケージ内容
  • Archer AX73V本体
  • スタンド
  • 電源アダプター
  • LANケーブル
  • かんたん設定ガイド

機器設定・セキュリティ機能について

無線LANルーターの設定は、特に初心者の方には難しい印象がありますが、スマートフォン専用のアプリ「Tether」を使えば、誰でも簡単にはじめることができます。

わかりやすいユーザーインターフェイスで、初めて無線LANを設定する方でも、ガイダンスに従うだけで直感的に設定が可能です。

後から子機を追加してメッシュWi-Fi網(OneMesh)を構築するときも便利です。

スマートフォン用アプリはこちら。

‎TP-Link Tether
‎TP-Link Tether
開発者: TP-LINK GLOBAL INC.
金額: 無料+
TP-Link Tether
TP-Link Tether
開発者: TP-LINK GLOBAL INC.
金額: 無料

ワンポイントメモ

スマホの専用アプリ以外にも、パソコンなどのブラウザーでWEB管理画面からも設定が可能です。

※Easy Meshの設定はWEB管理画面で設定することで利用可能です。

参考 TP-Linkルーターの管理画面にログイン方法

参考 管理画面のエミュレータ

QoSやセキュリティ対策も万全

「Archer AX73V」は、最新のセキュリティ規格「WPA3」に対応しているので、セキュリティ面でも安心して利用することができます。

また、TP-Link独自の「HomeShield」機能(無料のベーシックプラン)を利用することで、

  • ネットワーク内でのセキュリティ上の弱点診断
  • 子供たちのインターネット利用時間を制限
  • 不適切なコンテンツをブロック
  • QoS設定

など、インターネットを安全かつ快適に利用するための機能が無料で使えます。

VPNサーバー機能

「Archer AX73V」は、暗号化されたインターネット通信を可能とするVPNサーバー機能を搭載しています。

VPNプロトコルは、OpenVPN、PPTP、L2TPの3つに対応。

VPNサーバー機能を活用することで、たとえば外出先で暗号化されていない公衆回線(フリーWi-FiやホテルのWi-Fiなど)から、自宅のパソコンやNASにあるファイルにアクセスする時に、セキュリティの高い安全な通信が可能となります。

汎用的なOpenVPNサーバーの設定はこちらの公式FAQが参考になります。

参考 OpenVPNサーバー機能の利用に関して

「Archer AX73V」の製品レビュー

外観:アンテナ内蔵型でスリムなデザイン

ハイパワーな無線LANルーターは外付けアンテナのモデルが多い中、「Archer AX73V」は、高性能なアンテナ4本を内蔵するタイプです。

アンテナ内蔵にもかかわらず、本体サイズはわずか200 × 189 × 59 mm(幅×奥行×高さ)とコンパクト。

付属のスタンドを使って安定した縦型設置、背面のひっかけを使えば壁掛けでも設置可能です。

背面の拡張ポートは、ギガビットLANポートが4口もあるので、TVやストリーミングサービス、ネットワークゲームなど安定した有線接続が必要なケースでも対応可能です。

ここがイイネ!ポイント❶

日本の住宅事情を考慮した省スペース設計。

わずかな隙間でも目立たず設置できるのが〇。

上位モデルのAX80ほどのパワーや機能が不要な方で、縦型スリムな無線LANルーターをお探しの方にはピッタリのモデルです。

サイズ感よし!

特長1:Wi-Fi6対応×6ストリームの高速通信

「Archer AX73V」は、最新の無線通信規格「Wi-Fi6(IEEE802.11ax)」に対応しています。

Wi-Fi6は従来の通信規格とくらべて、性能が格段に向上。
Wi-Fi6に対応するデバイスに接続することで、その威力を最大限に発揮します。

Wi-Fi6のメリット

  1. 超高速なネットワーク通信
  2. 複数デバイス同時通信に強い
  3. 接続デバイスのバッテリーが長持ち
複数台接続しても、速くて安定!

複数ユーザーとの同時接続を可能とする多重化技術(OFDMA)と同時通信の技術(MU-MIMO)を採用することで、たくさんのデバイスと同時に通信が可能となり、1つの無線ルーターに複数デバイスからのアクセスが集中しても安定します。

「Archer AX73V」では、最大80台まで接続可能なので一般家庭では十分なキャパシティがあります。

ネットワークパフォーマンス結果

ここでは、「Archer AX73V」単体での実力を計測してみます。

計測環境
  • 通信環境:上位回線1Gbps CATV光回線、共用LANタイプ
  • テスト空間:鉄筋マンション、100㎡(3~4LDK相当)
  • 計測時間:混雑しそうな午後22時頃
  • 計測ツール:速度はFast.com、状態はWi-Fiミレル利用
  • 設置方法:親機(Archer AX73V)をマルチメディアコンセント接続

ネットワーク構成図
Archer AX73V単体

「Archer AX73V」単体でも、デュアルバンド高性能アンテナ×4を内蔵し、最大5.4Gbps (4804Mbps + 574Mbps) の速度での通信が可能な上、6ストリームでカバレッジも広いため、親機1台でも各部屋で十分インターネットを使えるレベルです。

特に親機周辺での通信速度は770Gbpsもでているので文句なしです。

Archer AX73Vの計測結果

ただ一方で、上位モデルのArcher AX80や下位モデルAX3000と比較すると、親機から離れたところでは、やや電波が減衰して(部屋の下方隅が黄色になっている)、通信速度が落ちている他、レイテンシーがやや気になるレベルです。

Archer AX80の計測結果
Archer AX3000の計測結果
ここがイイネ!ポイント

コンパクトでスリムな筐体ですが、デュアルコアCPUを搭載し、本体にアンテナ4本内蔵しているので、ハイパワー。

部屋のレイアウトにもよりまずが、マンションであれば3~4LDKは十分にカバーします。

もし、単体設置でスピードや通信遅延が気になる場合は、メッシュWi-Fiを導入することで、親機から離れた部屋でも安定した高速通信が実現可能です。

スリムだけど、ハイパワー!

特長2:メッシュWi-Fi対応で無線範囲を拡張

「Archer AX73V」は、単体では電波が届きにくい場合でも、TP-Linkの中継器を後付けで追加することで、メッシュWi-Fi網を構築して、無線LANのエリアを拡張可能です。

メッシュWi-Fiのメリット
  1. Wi-Fiの届く範囲を拡張する
  2. 複数機器が同時接続しても安定する
  3. 最適なWi-Fiに自動的に切り替わる
広範囲で安定した通信が可能!

従来の中継器では電波の届く範囲を広げることはできましたが、通信速度が犠牲になりがちでした。

メッシュWi-Fiは、通信速度をキープしながら無線の届く範囲を拡張。
さらに単一のネットワーク(SSID)上で動作するため、最適なWi-Fiに自動接続(シームレスローミング)が可能です。

また「Archer AX73V」は、TP-Link独自規格の「OneMesh」とWi-Fi業界標準規格の「EasyMesh」の2つのメッシュWi-Fi規格に対応しています。

EasyMesh とは?

Wi-Fi Allianceが策定した業界標準規格で、メーカー間での相互接続が可能なメッシュWi-Fi規格。

OneMeshではできなかった、ルーター同士のメッシュWi-Fiも構築可能です。

独自規格のOneMeshや、Decoシリーズのメッシュ規格と互換性はないので注意しましょう。

参考 TP-Link EasyMesh対応デバイス一覧
参考 TP-Link Forum: What is EasyMesh and how does it work with TP-Link routers and extenders?(EasyMesh/OneMesh/Deco Meshの比較あり)

ここがイイネ!ポイント❷

メッシュWi-Fiはもう少しWi-Fiの電波を強くしたい、安定させたいというときに便利な機能です。

Archer AX73Vを設置してから、建物の構造やレイアウトによっては電波状況が安定しない場合でも、後付けで無線を拡張できるのが〇。

業界標準のEasyMeshと独自規格OneMeshの両方に対応しているのも〇。

手軽に拡張できる!

特長3:IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応で混雑回避

「Archer AX73V」は、次世代インターネット接続方式「IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)」に対応しています。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)とは?

インターネット通信を行うためのルールを表すインターネットプロトコル(IP)のひとつ。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)のメリットは、一言でいえば、従来のIPv4によるインターネット接続に比べて「ピーク時の混在回避」が期待できること。

従来のIPv4とIPv6は一般道と高速道路で例えられるように、特にネットワーク回線が混みがちな夜間の時間帯はストレスがない接続環境を実感することができます。

IPv6は、これまで大多数の人がアクセスしているIPv4(PPPoE)とはまったく別の通信回線となり、より高速で快適なインターネット接続が可能になります。

IPv6 IPoEを利用するためには別途回線契約が必要ですが、4K/8K・VR動画視聴やオンラインゲームもより快適な環境で楽しむことができます。

※IPv6 IPoE対応ISPはこちらを確認してください。
参考(公式サイト) IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応確認済みリスト

ここがイイネ!ポイント❸

IPoEの回線を契約済みであれば、自動検出で設定いらず。

ONUからLANケーブルをArcher AX73Vのポートにつなげば、自動検出してネットワーク接続設定が完了します。

混雑しがちな時間帯でも、快適なインターネット環境を手に入れることができます。

ストレスフリー!

「Archer AX73V」のレビューまとめ

総合評価:★★★★
こんな人におすすめ!

  • 省スペースで設置できる無線ルーターが欲しい
  • メッシュWi-Fiも構築したい
  • セキュリティ面でも優れた無線ルーターが欲しい
Pros
Cons
  • スリム&コンパクトなデザイン
  • 縦置き・壁掛け可能
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IP6)対応
  • OneMesh & EasyMesh対応
  • HomeShield対応
  • VPNサーバ機能
  • マルチギガビットポートなし
  • USBポートなし
  • 本体カラーがブラックのみ

以上、TP-LinkのWi-Fi6対応無線LANルーター「Archer AX73V」のレビューでした。

「Archer AX73V」は、日本の住宅事情にあわせたコンパクト&スリムなデザインながら、パワーも十分。

さらにメッシュWi-FiやIPv6 IPoE(IPv4 over IP6)、VPNサーバーに対応するなど、将来的な拡張性もそなえたコスパのよい無線LANルーターです。

本体カラーがブラックで、縦型スリムなモデルを探している方には、ぴったりなモデルと言えるでしょう。

レビュー
自宅でも「おうち時間」を楽しく過ごす方法
  • 名作からヒット作品まで、映画やドラマも「見放題」
  • ビジネス書から漫画や雑誌も「読み放題」の読書体験!
  • お好みの音楽が200万曲の中から「聴き放題」

\今なら30日間無料体験/
Amazon Primeを見てみる

Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\ シェア /
\青丹よしのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。