【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【Tapo C320WSレビュー】高感度センサー&白色LED搭載で夜でもくっきり!カラーで見守りできる屋外用ネットワークカメラ

5.0

家族の見守りや防犯意識の高まりから、手軽な価格帯で高機能な家庭用のネットワークカメラが発売されています。

ネットワークカメラを選ぶ上で大切なポイントは、「高画質」で「広画角」であること。

そして、屋外用途であれば防水防塵性はもちろんとして、夜間や暗闇の中であっても、モニタリング対象やエリアをくっきりと確認できる「高感度」であることも重要です。

今回レビューするTP-Linkの「Tapo C320WS」は、これらの条件をカバーをする高機能かつ環境ロバストネスに優れた屋外用ネットワークカメラです。

「Tapo C320WS」の概要

一押し!注目のポイント

  • 高画質(400万画素・2K録画可能)
  • フルカラーナイトビジョン搭載で夜間でもくっきり
  • IP66防水防塵対応で屋外使える
  • 安心安全、豊富なセキュリティ機能
  • 最大416時間ローカル録画できる
  • スマホで複数カメラを管理できる

「Tapo C320WS」の仕様をチェック

商品名Tapo C320WS(型番:Tapo C320WS)
メーカーTP-Link
製品サイズ(プラグ含む)142.3 x 103.4 x 64.3 mm(幅×奥行き×高さ)
電源アダプターケーブル長:約3m
重量218g(カメラ本体実測値)
無線規格IEEE 802.11n/g/bの2.4GHz帯
動画圧縮規格H.264
フレームレート15fps
ビデオストリーミング4MP
レンズF/NO:1.61;焦点距離:3.18 mm、8倍ズーム可能
カメラ視野角撮影範囲122.1°
カメラ解像度4MP(2560 × 1440)
ナイトビジョン

850 nm IR LED:最長30m

LEDインジケーターシステムLED、白色LED×2
音声通話機能双方向通話(マイクおよびスピーカー内蔵)
アダプター入力100-240VAC, 50/60Hz, 0.3A
アダプター出力9.0V/0.6A(DC電源)
対応OSiOS 10+, Android 5.0+
製品保証期間3年間
同梱物Tapo C320WS本体
電源アダプター(ケーブル長:約3m)
取り付け用テンプレート
アンカー&ネジ
防水シール
防水ケーブルアタッチメント
かんたん設定ガイド

より詳細な仕様は公式サイトをご覧ください。
参考 TP-Link「Tapo C320WS」製品仕様
参考 TP-Link公式カメラ設置方法(English)

「Tapo C320WS」のレビュー

カメラ性能:高画質・広画角・高感度で夜間でもくっきり捉える

高画質(400万画素・2K録画可能)・広画角(122.1°)

ネットワークカメラを選ぶ上で、大切なポイントは「高画質」で「広画角」であることです。

「Tapo C320WS」は400万画素(2560 × 1440ピクセル)と家庭用カメラの中では高解像度クラス。

動画も15fpsのH264圧縮で、2K映像を録画可能です。

カメラ視野角も122.1°あり、8倍ズーム可能なので確認したいエリアを確実にとらえることができます。

高感度センサー×フルカラーナイトビジョンで夜間でもくっきり

夜間でも30m先までとらえられる850nmのナイトビジョンに切り替え可能です。

赤外線による白黒モードに加えて、フルカラーでの撮影にも対応しており、夜間に撮影する「おやすみモード」は3つのナイトモードをお好みで切り替えて使います。

カメラ撮影モード     機能
①赤外線モード前モデル「Tapo C310」と同様に、夜間や暗闇での赤外線による白黒撮影モード
②フルカラーモード白色LEDライトを利用したフルカラー撮影モード
③スマートモード常時赤外線で録画をしつつ、動体検知時にはフルカラー撮影に切り替えるモード。
常時LED点灯を避けることができる。
白色LED点灯状態(フルカラーモード)

また、高感度のスターライト・センサーが搭載されているので、従来よりも光量が少ない場所でも高画質で録画ができます。

実際に撮影した昼間と夜間でのカメラ映像のスクリーンショットがこちら。

左から、夜20時の暗がりの中で①「日中モード」のフルカラーで通常撮影、②赤外線モードでの白黒撮影、③白色LEDを点灯させてのフルカラーナイトビジョンで撮影したものです。

高感度センサーのおかげて、夜間でもはっきりと物体をとらえていることがわかります。

「Tapo C320WS」は、 高解像度に加えて、環境ロバスト性の高さと視認性のよさが特長です。

青丹よし.
青丹よし.

①日中モードでも、高感度センサーのおかげで、周辺がかなり暗くなっているにも関わらず、くっきり明るく撮影できていることに驚きました。
③LEDを点灯させてナイトビジョンモードで撮影することで、視認性がさらによくなっています。

セキュリティ機能:多彩な安心・安全機能で見守る

動作検知・通知機能

TP-Link公式ページより引用

カメラでとらえた不審者の動作検知をトリガーとして、アプリへの通知や録画(本体MicroSDカードへの記録)もできます。
※録画用のMicroSDカードは別売りです。

アラート機能

TP-Link公式ページより引用

内蔵ライトとスピーカーの効果音によって、不審な来訪者を警告できるアラート機能も利用可能です。

アラート音は2種類から選択可能。

アラートのオン・オフ設定もスマホのアプリで設定が可能です(音量は調整不可)。

双方向通信機能

スマホのアプリを使えば、カメラ本体にある内蔵カメラとマイクを使って、離れた場所からでも双方向のコミュニケーションが可能です。

TP-Link公式ページより引用

設置性:IP66防水・有線無線LAN対応で自由度高い

IP66対応で屋外でも安心設置

「Tapo C320WS」は、ホワイト基調の本体に、赤のラインが印象的な屋外カメラです。

本体サイズも、142.3 x 103.4 x 64.3 mm(幅×奥行き×高さ)とコンパクト。

軽量かつ省スペース設計ながら、「台風などの激しい雨でも浸水の恐れがない防水仕様」に相当するIP66対応なので、風雨にさらされる可能性がある屋外への設置も可能です。

手のひらサイズの本体

基本的に壁などに穴をあけてネジで固定するカメラのため、平面において据え置き利用ができません。

ネジで固定する以外にもブラケットを使えば傷つかずで設置可能

戸建てなどの持ち家の場合であれば、壁に穴をあけて設置することは容易ですが、賃貸だったり、分譲マンションの場合は、共有部分への取付になるので設置には工夫が必要です。

おすすめは、ベランダにある配管ポール等にリングで固定するブラケットです。ブラケットを使えば、傷つけることなく設置できます。

ネットワーク接続は有線・無線LANに対応

ネットワークへの接続は、有線LANポートと無線LAN接続の両対応しているので、ご自宅の設置環境にあわせて選ぶことができます。

注意点としては、本体への電源供給はPoE未対応のため、LANケーブルから電力を供給することができません。

付属のACアダプター(非防水)を使ってコンセントから電源をとります。

ケーブルの長さは3mありますが、足りない場合は別途アダプター延長コードを購入するとよいでしょう。

延長対象対応規格
ACアダプター延長コード     アダプター入力 100-240VAC, 50/60Hz, 0.3A           
アダプター出力 9.0V/0.6A(DC電源)
有線LAN延長ケーブルCAT5E規格(1Gbps)以上お勧め 

付属の防水シールやケーブルアタッチメントで、しっかり防水対策も忘れずに!

参考 屋外用Tapoカメラの防水対応について(TP-Link)

稼働領域広く、アングルも自由自在

「Tapo C320WS」はカメラ視野角が122.1°ありますが、フレキシブルな機構をもっているので、稼働領域が広く、カメラアングルを自由に変えることができます。

カメラ台座にある部分でカメラ本体を0~360度、壁に対して0~70度の角度で調整可能。
監視したいエリアを確実にカバーします。

録画機能:選べる3つの録画スタイル

「Tapo C320WS」は、録画データを保存する方法が3つあります。

録画方法としては、以下3つに対応しています。

録画データの暗号化には、業界標準のAES128ビット暗号化とSSL/TLSを採用しているので、安全性も高く、安心です。

録画形態内容
①ローカルストレージ録画本体に内蔵した別売のMicroSDカード(最大256GBまで)に録画可能
②クラウドストレージ録画        TP-Linkが提供する有料クラウドサービス「Tapo Care」を契約することで、最大30日間の映像をクラウド上に録画保存可能。
③ネットワークストレージ録画    家庭内ネットワークで接続したONVIF対応のNAS/NVR録画保存可能。
録画容量はNAS/NVRの容量に依存。
※メーカーサポート対象外

①ローカルストレージ録画:microSDカード

防水性を高めるためスロットへのアクセスには
ドライバーでカバーを開ける必要がある

本体底面にあるスロットにMicroSDカードを挿入しておけば、常時録画が可能。

前モデルでは128GBまででしたが、「Tapo C320WS」は最大256GB(4MP録画で約416時間相当)まで対応しています。

録画する時間帯はお好みでスケジュール調整も可能。

例えば、自宅不在時の昼間や就寝時間のみ録画するなど、アプリで設定を変更することができます。

②クラウドストレージ録画:クラウドサービス Tapo Care

ローカルでの保存以外にも、アプリ内課金で使える有料クラウドサービス「Tapo Care」も利用可能。

30日間クラウドに録画データが保存されるので、万が一、本体にいれたMicroSDカードが破損したり、カメラ本体が盗まれてしまったときでも、クラウド上に録画データが保存されているので安心です。

料金プランは下表のとおり。

フリープラン   ベーシックプラン  プレミアムプラン  
月額   400円/1台
800円/2台
1,200円/3台
1,380円/~10台
年額     ー      4,000円/1台
8,000円/2台
12,000円/3台
13,600円/~10台

30日間無料でお試し利用ができます。
参考 Tapo Care(30日間無料トライアルあり)
参考 Tapo Careの無料トライアルに関して

③ネットワークストレージ録画:ONVIF対応NAS/NVR

「Tapo C320WS」は、ONVIFプロトコル対応(Profile S)に対応しているので、NASやNVRへの録画もできます。

こちらはご自身でネットワークサーバを運用されている上級者向けの機能です。

容量に制限なく、録画データを残すことができます。

注意 ONVIF対応NAS/NVRへの録画、専用アプリ以外での利用はメーカーサポート対象外です。
参考 Tapoの映像をNASに保存するには

視聴機能:選べる3つの視聴スタイル

「Tapo C320WS」は、3つの視聴スタイルに対応。

Tapoアプリでリモート監視以外にも、利用場所に応じて柔軟な視聴スタイルを選べます。

視聴形態内容
①TapoアプリTP-Linkの提供するアプリ。
1画面で最大4つのカメラを一度に監視できる。
最大32台のカメラを8枚の画面で監視。
また家族間でカメラを共有することができる。
同時接続は2人まで。
②スマートスピーカー・ストリーミングデバイス音声アシスタント(Alexa、Google)と連携することで、ディスプレイ付きのスマートスピーカーやストリーミングデバイスに接続したTVやディスプレイで監視可能。
※5分経過すると自動的にタイムアウトする仕様。再度接続は可能。
※低画質(LQ)のみ利用可能。
③PC用RTSP対応アプリ      VLCやiSpyなどRTSPに対応したPC用アプリケーションで監視可能。
※メーカーサポート対象外

①Tapoアプリ

「Tapo C320WS」に限らず、Tapoシリーズのカメラを使えば、

  • アプリ1画面で最大4台同時視聴
  • 最大32台までのカメラ登録可能
  • 家族間で各アプリからカメラを視聴

可能です。

複数カメラをみる場合は、1画面あたり4つのカメラを表示させて、まとめてみれます。

Tapoアプリでは1画面に最大4台カメラをモニタリング可能
最大32台(8画面)まで対応

スマホを横画面してのモニタリング可能。

TapoアプリはiOSとAndroid両方に対応しています。

アプリの共有機能を使えば、家族間で設置したカメラを共有することができます。
※2022年8月現在、最大2人同時接続のライブビューと再生が可能

参考 Tapoデバイス(カメラ・プラグ・LEDランプ)を家族などと共有するには

②スマートスピーカー・ストリーミングデバイス

Amazon Echo Show 5でのライブ視聴
Alexaデバイスの場合、低画質(LQ)のみ対応

Amazon AlexaやGoogleアシスタントなどと連携することで、音声で操作・ライブ映像の視聴が可能です。

ディスプレイ付きのスマートスピーカー(Amazon Echo Show、Google Homeデバイス)やストリーミングデバイス(Fire TV、Chromecast)があれば、各部屋に設置したデバイスから、ライブでモニタリングができるようになります。

青丹よし.
青丹よし.

Alexaスキル連携以外にも、VLC PlayerなどFire TV用アプリを使えば、ライブストリーミング視聴も可能です。

参考 TapoデバイスをAlexaで操作するには

③PC用RTSP対応アプリ

PC用アプリVLCでライブ視聴

RTSP対応しているので、VLCやiSpyなどの対応アプリを使えば、PCでもリモートでリアルタイム視聴が可能です。

VLC Playerの場合、PC以外にもスマホ・タブレット用アプリやAmazon Fire TV(VLC for Fire)もリリースされているので、同じ方法でライブ映像を視聴できます。

ただし、メーカーサポート対象外となります。

参考 Tapoを使用したRTSPライブストリーミングの利用方法
参考 VLC Media Player

「Tapo C320WS」を使ってみた感想

良かったところ
気になったところ
  • 高画質で暗闇でもくっきり
  • 視野角122.1°と広範囲
  • フルカラーナイトビジョン
  • 8倍ズーム可能
  • IP66対応で屋外もOK
  • 音声による双方向通話
  • 選べる3つの録画スタイル
  • 選べる3つの視聴スタイル
  • 低価格で複数設置しやすい
  • 複数カメラをまとめて管理
  • 家族間でカメラを共有できる
  • Wi-Fi6非対応
  • デュアルバンド非対応
  • フレームレートが15fps
  • アラート音量を調整できない
  • PoE非対応

前モデルから、より高画質・広画角になり、夜間でもくっきり撮影できるフルカラーナイトビジョン対応とグレードアップ。
録画容量もMicroSDカード(別売)に最大256GBまで対応となりました。

青丹よし.
青丹よし.

実家では自宅内のペットの見守りに加えて、「Tapo C320WS」で屋外のモニタリングをするべく導入しています。
Tapoシリーズのカメラであれば、新旧モデル限らず、みたいところを後付けでカメラを追加、すべてのカメラを1つのアプリで管理できるので大変重宝しています。

夜間でもカラーでくっきり見守る高画質×高感度の屋外用ネットワークカメラ

総合評価:★★★★★

TP-Linkの「Tapo C320WS」はフルカラー対応した高画質ネットワークカメラです。

最大の特長は、高感度センサーとフルカラーナイトビジョンのおかげで、暗がりの中でも非常にくっきりとリモート監視できること。

青丹よし.
青丹よし.

フルカラーナイトビジョン×高感度センサーがスゴイ!

また、Tapoシリーズ共通のアプリを使うことで、1つのアプリで複数のカメラを管理できるのもメリットでしょう。

青丹よし.
青丹よし.

最大32台までカメラを追加できる拡張性の高さも◎

カメラ本体価格も抑えられているのでコスパもよく、家庭用の見守りカメラを複数導入して、効率よくまとめて管理したいと考えている方には、特におすすめの屋外対応ネットワークカメラです。

レビュー
自宅でも「おうち時間」を楽しく過ごす方法
  • 名作からヒット作品まで、映画やドラマも「見放題」
  • ビジネス書から漫画や雑誌も「読み放題」の読書体験!
  • お好みの音楽が200万曲の中から「聴き放題」

\今なら30日間無料体験/
Amazon Primeを見てみる

Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\青丹よしのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。