【特集】LED水耕栽培のはじめ方 ~初心者でも簡単に室内で野菜やハーブを育てることができます~
dalahastのブログへようこそ!

徒然になるままに日暮しメモ。
衣・食・住・知・遊・健・美をテーマに
毎日の生活を豊かにするモノコトを紹介しています。

最新記事はこちら! >>
スポンサーリンク

ワインのあてにもピッタリ!保存食にもなる栗の渋皮煮

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

栗の渋皮煮

秋の味覚の代表格、栗。

知人宅へお伺いする時にオーガニックワインと一緒におもたせとして作ってみました。
ちょっと時間がかかるので気合入れてつくりましょう!

今回はNHKきょうの料理から、清水信子先生のレシピです。
栗の渋皮煮は密閉容器にいれて冷蔵庫で約1~2か月保存可能です。

【材料】★作りやすい分量

・栗(約500g)
・重曹 小さじ1+1/2

【A】
・砂糖 200〜230g
・みりん 小さじ2
・うす口しょうゆ 小さじ1

【作り方】

1. ボウルにくりを入れてかぶるくらいの熱めの湯(60℃程度)を注ぎ、15分間ほどつける。

2. 渋皮に傷をつけないように注意しながら、包丁を使って鬼皮をむく。

3. 鍋に水カップ6とくりを入れ、重曹を加える。中火にかけ煮立ったら弱火にし、15〜20分間ゆでる 。

4. 火から下ろし流水に当て、手で触れらるようになるまで冷ます。

5. 渋皮を傷つけないように、竹串で筋や綿状の皮を丁寧に取る。

6. 鍋をきれいにしてくりを戻し入れ、たっぷりの水を注ぎ、中火にかける。煮立ったら弱火にし、3〜4分間煮て、ゆでこぼす。ゆで汁が澄んでくるまで3〜4回繰り返す。

7. 鍋をきれいにしてくりを戻し入れ、水カップ2と【A】の砂糖の半量を入れる。

8. 不織布製の紙タオルで覆い、さらに落としぶたをのせて中火にかける。煮立ったら弱火で5〜6分間煮て火を止め、そのまま冷ます。

9. 弱火にかけ、温まったら【A】の残りの砂糖、みりん、うす口しょうゆを加える。再び紙タオルと落としぶたをのせて弱火のまま7〜8分間煮る。火を止め、そのまま冷ます。

栗の渋皮煮

諏訪田製作所 栗の皮むき鋏 栗くり坊主II 11172
諏訪田製作所
¥ 1,779(2018/10/24 17:51時点)

諏訪田製作所 栗の皮むき鋏 新型栗くり坊主
諏訪田製作所
¥ 916(2018/10/24 17:51時点)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理
スポンサーリンク
お買い物の忘れ物ありませんか?
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのブログのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。