自家製フルブラ(フルーツブランデー)始めました。 自然栽培のレモンでフルブラ紅茶

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 226


フルブラ レモンで紅茶

自然栽培の国産レモンを使ってフルーツブランデー(フルブラ)を仕込んでみました。
フルブラとはお好みのフルーツをブランデーに1日以上、漬け込むことでできあがる美味しいフルーティーで爽やかなお酒。

今回使ったサントリーのブランデーV.Oはマスカット原酒なので、フルーティーな香りが凝縮されているため、フルーツブランデーをつくるにはぴったりのブランデーなのです。

そして、今回使ったフルーツは、自然栽培で育てた国産レモンです。
有機栽培はよくきくけど、自然栽培ってなんだろう?

自然栽培は「無農薬」「無肥料」なので、誰でも安心して食べられる安全な栽培のこと。
農薬や肥料を使わない分、消費者だけではなく、作り手である農家も安心。そして生態系に悪影響を与えない栽培方法なのです。

フルブラ レモンで紅茶

レモンをきれいに水洗いしたら、ざるの上で乾かします。
乾燥させた後、包丁で皮をきれいに剥き、果実を輪切りにして、皮も含めてル・パルフェのダブルキャップジャーに投入。
アルコール分が抜けてしまわないようにパッキンのついガラス製の密封容器を使うことがポイントです。

フルブラ レモンで紅茶

ブランデー(サントリーブランデーV.O)を1/2本程度、果実が浸るまで注ぎ、あとは密閉するだけ。
冷蔵庫にいれる必要はないのですが、高温多湿な場所を避けて、直射日光の当たらない場所に保管します。

フルブラ レモンで紅茶

レモンの場合は1日置けば完成。
漬けたレモンは苦みがでてきたり、濁ったりするので1週間を目途に取り除きます。

もちろんロックでも美味しいですが、飲みやすいようにソーダーで割ったり、紅茶にいれて風味を楽しむことはできます。
今回はあったかい紅茶にレモンのフルブラを大さじ2~3程度、お好みで加え、はちみつで甘さを調整しました。

肌寒い夜にはぴったりなフルブラ紅茶はオススメです。

フルブラ 紅茶

【材料(ジャー1瓶)】

・国産レモン 1個

・サントリーブランデーV.O 1/2本

・ジャー(保存瓶)1個

【作り方】

1.国産レモンをよく水洗いして乾燥した後、皮を剥き、果実を輪切りにする。

2.保存瓶に皮と果実を投入して、ブランデーを果実が浸る程度に1/2本分注ぐ。

3.一晩おくと、翌日以降いただける状態に。

4.ホット紅茶にレモンのフルブラを大さじ2加えて、はちみつをお好みでいれていただく。

SNSフラットアイコンテスト

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

このサイトをフォローする

Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.