【米ぬか生活】 米ぬかでつくる、ヘルシーなビスコッティ 甘味と香ばしさをアップする活用術

SNSアイコンテスト
この記事の所要時間: 218

米ぬかを食べる?なんてこと、これまで考えてもみませんでした。
せいぜいぬか漬けのための「ぬか床」で活用したり、米ぬかで洗顔する時に使うことぐらいしかきいたことありません。

米ぬかは玄米の表面を削って精米するとできるものですが、実は玄米の90%以上の栄養素が含まれています。
便秘改善や整腸効果といった「胃腸系」の生理機能をアップさせるだけでなく、肌荒れ解消やアトピー・花粉症改善などの「皮膚系」や血液サラサラ効果や血糖値定価などの「血液系」の生理機能を向上させる成分を含んでいるのです。

これだけの栄養成分が含まれる「米ぬか」を活かす手はないものか・・・

米ぬかを煎ることで甘さと香ばしさが増す、「煎りぬか」であれば調味料としてもいろいろな料理に活用できます。
これにヒントを得て、お菓子の材料に使ってみることを思いつきました。

そう、わが家の定番のイタリアンなオヤツ、「ビスコッティ」。 
米ぬかをビスコッティの生地に混ぜあわせて焼きあげます。

米ぬかはビタミンB群やミネラル、食物繊維等の栄養素や油分が豊富に含まれています。
ヘルシーな成分だけでなく、さらに香ばしさがプラスされました。

スポンサーリンク

米ぬかでつくるビスコッティのレシピ

【材料(約25本分)】

・卵 1個

・砂糖 50g

・油 大1(今回はオリーブオイル)

・米糠 40g

・薄力粉 80g

・ベーキングパウダー 小1/4

・チョコレート 30g

・オレンジピール 40g

【作り方】

1.米ぬかを乾煎りする

米糠はフライパンで軽く色づくまで乾煎りする。チョコレートとオレンジピールは5mm角程度に刻む。オーブンは180℃(15分)に余熱する。

2.卵を泡立てる

ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖を加え、泡だて器でこすり合わせて砂糖を溶かす。

3.油を加える

油を加え、更に混ぜてなじませる。

4.薄力粉とベーキングパウダーを加える

薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、3に加え、ゴムべらでさっくり混ぜる。粉気がまだ残っている所で止める。

5.チョコとオレンジピールを加える

チョコレートとオレンジピールを加え、粉気がなくなる様、さっくり混ぜる。

6.成形する

手のひらに油(分量外)を塗り、生地をオーブン用シートの上に出し、1cm厚の長方形(10cm×25cm程度)に成形する。

7.オーブンで焼き上げる

180℃のオーブンで15分焼く。取り出して粗熱を取る。オーブンを150℃(30分)に余熱する。

8.スライスして、さらにオーブンで焼き上げる

1cm幅にスライスし(生地の長辺=25cmをスライスするので、25本程になる)、断面を上にして天板に並べ、150℃のオーブンで30分焼く。取り出して冷ます。

米ぬかのヘルシー料理レシピ

スポンサーリンク
SNSフラットアイコンテスト
【米ぬか生活】 米ぬかでつくる、ヘルシーなビスコッティ 甘味と香ばしさをアップする活用術
この記事をお届けした
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト;@dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

このサイトをフォローする