【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>
スポンサーリンク

【レシピ】秋鮭とたっぷりきのこの土鍋ご飯 実りの秋を食す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新米も出回るこの時期にぜひつくって食べたい、土鍋ご飯。
実りの秋ということで、新米に加えて旬の秋鮭ときのこもあわせて炊き上げることで、秋を感じる美味しい土鍋ご飯が出来上がりました。

土鍋による炊き立ての新米は噛めば噛むほど甘味が増し、それだけでも美味しいのは間違いないのですが、さらに香ばしい秋鮭と仄かに香るきのこの香りがシンプルながらも贅沢な秋のエッセンスを加えています。

また食べ方にも工夫することで2度3度と楽しむことができます。
1杯目はそのまま、2敗目はバターを混ぜ合わせて洋風で、最後に白だしを注いでお茶漬けでいただきます。

多めに炊いて、翌日残ったご飯をお握りにすればお弁当にもぴったりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋鮭とたっぷりきのこの土鍋ご飯のレシピ

【材料(二人前)】

  • 秋鮭 2切れ
  • 塩 少々
  • きのこ 100g(しめじ)
  • 米 2合
  • だしじょうゆ 大さじ1+1/2
  • みりん 大さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 水 適宜
  • しそ 5枚
  • 白ごま 少々

【作り方】

  1. 秋鮭の両面に塩少々をふり、30分置く。水気を拭き取り、魚焼きグリルで両面を焼く。
  2. 米は浸水させて、30分置く。
  3. きのこは、ほぐしておく。しそは千切りにする。
  4. 米をザルにあげ、計量カップで米の容量をはかる。だしじょうゆ・みりん・酒に水を足して、浸水後の米と同じ容量にする。タジン鍋に入れる。
  5. 4の上に、焼いた鮭・きのこを重ならないように並べて乗せる。フタをする。
  6. 5を中火にかけ、沸騰したら、極弱火にして15分加熱する。その後、30秒だけ強火にして、チリチリ音がしたら火を止め、10~15分フタをしたまま蒸らす。
  7. 鮭をほぐし(皮・骨があれば除く)、しそ・白ごまを飾る。

タジン鍋は土鍋ご飯だけではなく、和洋中様々な料理に活用できるので1家に1台備えておくと便利です。
わが家はKINTOのタジン鍋ですが、すでに廃版となっています。
今ではStaubやシリンコン製のタジン鍋がでていますので、お好みのタジン鍋をみつけてみてはいかがでしょうか?

    dalahastのつくってみたポイントや感想など
    わが家では土鍋も持っていますが、サイズ的にタジン鍋で炊くことが多い土鍋ご飯。
    旬の秋鮭ときのこをふんだんに使ったシンプルな土鍋ご飯は、素材を活かした贅沢な一品。
    この時期だからこそ、つくって食べたい秋の香りを感じるレシピです。
    1.鮭は塩をふって水分を出す事、事前にグリルで焼く事で、魚のクセを取り除く。
    2.だしじょうゆを使うことで、水分はだしでなく水でOK。
    3.鍋の火を止める直前、30秒強火にかける事で、余分な水分を飛ばす。チリチリ音がするのが目安。
    オススメ度:★★★★★
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    料理
    Amazonでお得に買物する方法

    Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
    通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

    スポンサーリンク

    この記事を書いたのは

    dalahast_shikaku2

    dalahast(ダーラヘスト; @dalahastjp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
    詳しいプロフィールはこちら

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    最新情報をお届けします。
    \dalahastのフォローはこちら/
    dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
    テキストのコピーはできません。