【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

【Archer AX80レビュー】縦型設置可能!スリムな本体に欲しい機能を全部つめこんだ、コスパ抜群のWi-Fi6対応無線ルーター

5.0

今回レビューするTP-Linkの「Archer AX80」は、日本の住宅事情を反映した縦型設置も可能なWiーFi6無線LANルーター。

デザイン性だけでなく、高機能。

次世代インターネット接続方式「IPv6 IPoE」に対応するだけではなく、マルチギガビット対応ポートや外部ストレージデバイスを接続可能な高速USB3.0ポートも搭載。

リモートワークでより安全な通信を必要とする方にも、VPNクライアント&サーバー機能をソフトウェア不要で無料で利用できるなど、高機能で拡張性高いモデルです。

「Archer AX80」の製品概要

注目のポイント

  • Wi-Fi6対応で同時接続でも超高速で快適な通信
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応で混雑回避
  • 中継器との組合せでメッシュWi-Fiも構築可能
  • 選べる3つの設置スタイル(縦・横・壁掛け)
  • マルチギガビット対応でWAN/LAN高速通信
  • USB3.0ポートで簡易NAS機能可能
  • VPNクライアント&サーバー機能搭載で安全通信
  • セキュリティ機能(HomeShield)も利用可能

日本の住宅事情にあわせた柔軟な設置スタイルはもとより、次世代インターネット接続方式IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応するなど、日本のインターネット事情にもマッチした特別仕様。

セキュリティ面でも、HomeShield(ベーシック機能)やVPN構築のためのソフトウェアは無料で提供されているのも嬉しいポイント。

必要な機能は全部つめこんだ、コスパ抜群の「Wi-Fi6」に対応した無線LANルーターです。

欲しい機能が全部入り!

製品仕様について

公式サイト (製品仕様) Archer AX80
公式サイト IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応確認済みリスト

製品名TP-Link Archer AX80
本体サイズ200 × 189 × 59 mm(幅×奥行×高さ)
本体重量569g(スタンド込みの実測値)
無線通信規格Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a(5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
Wi-Fi速度AX6000
5GHz:4804Mbps(802.11ax, HE160)
2.4 GHz:1148Mbps(802.11ax)
Wi-Fi性能デュアルバンド、OFDMA、エアタイムフェアネス、DFS、8ストリーム、4×4 MU-MIMO
IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
v6プラス・OCNバーチャルコネクト・DS-Liteに対応
動作モード

• ルーターモード
• ブリッジモード(アクセスポイントモード)

有線WAN/LANポート

• 2.5ギガビットWAN/LANポート×1
• ギガビットWAN/LANポート×1
• ギガビットLANポート×3

USBポート

USB 3.0ポート×1
USB共有:
• Apple Time Machine
• FTPサーバー
• メディアサーバー
• Samba サーバー

Wi-Fiセキュリティ

WPA3/WPA2/WPA/WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)

ネットワークセキュリティ

HomeShield対応

VPNサーバ・クライアント

• OpenVPN
• PPTP
• L2TP

OneMesh

OneMesh対応 詳細

利用間取り目安戸建て3階建、マンション4LDK
最大接続台数100台
CPUプロセッサー1.6GHzクアッドコアCPU
アンテナデュアルバンド高性能アンテナ×4本
電源12V/2A
システム要件Internet Explorer 11/Firefox 12.0/Google Chrome 20.0/Safari 4.0以上の Javaに対応したブラウザ
管理アプリTP-Link Tether
パッケージ内容

• Archer AX80本体
• スタンド
• 電源アダプター
• LANケーブル(Cat 5e、120cm)
• かんたん設定ガイド

壁付け用のネジは付属していない

機器設定・セキュリティ機能について

TP-Link製品の共通の特長として、一見難しい印象のある無線LANルーターの設定も、スマホ専用のアプリ「Tether」を使うことで、誰でも簡単にできるところ。

わかりやすいインターフェイスで、初めて無線LANを設定する方でも、ガイダンスに従うだけで直感的に各種設定が可能です。

スマートフォン用アプリはこちら。

‎TP-Link Tether
‎TP-Link Tether
Developer:TP-LINK
Price:Free+

QoSやセキュリティ対策も万全

気になるセキュリティ面でも、「Archer AX80」は最新セキュリティ規格「WPA3」に対応。

さらに「TP-Link HomeShield」(無料のベーシックプラン)を使うことで、

  • ネットワーク内にセキュリティ上の弱点がないか診断
  • 子供たちのインターネット利用時間を制限
  • 不適切なコンテンツをブロック
  • QoS設定

など、インターネットを安全かつ快適に利用するための機能が無料で使えます。

参考 TP-Link HomeShield

ここがイイネ!ポイント

無料のベーシックプランだけでも、WEB会議やオンライン授業の通信帯域を優先させたり(QoS機能)、子供のゲームプレイ時間やWEBサイトへのアクセスを制限できる(ペアレンタルコントロール機能)のが〇。

ユーザーの使い方にあわせて、細かく制御できる!

「Archer AX80」のレビュー

外観:縦置き可能、アンテナ内蔵のスリムなデザイン

縦にも置けるスリムな「Archer AX80」

従来の外付けアンテナが特長であった「Archerシリーズ」とは違って、4本のアンテナを内蔵するタイプ。

本体はスリム、且つ軽量(約570g)。

付属のスタンドを使うことで、縦置き・横置き・壁掛けの3つの設置スタイルから選べます。

TP-Link公式サイトより

国内向けということもあって、住宅事情を考慮した省スペース設計の無線LANルーターと言えるでしょう。

本体上面にはスリットがあるため、コンパクトながらクアッドコアCPUを搭載するハイパワーなAX80でも放熱性は十分です。

長時間稼働しても熱はほとんど感じられない
ここがイイネ!ポイント

ハイパワーな高性能アンテナを4本内蔵しながらも、コンパクトな筐体でスッキリ設置できるのが〇。

付属スタンドを使うことで、それぞれの住宅環境に応じて、設置スタイルを選べる自由度も〇。

縦型ですっきり!

特長1:Wi-Fi6対応×8ストリームで高速通信

「Archer AX80」は、最新の無線LAN規格「Wi-Fi6(IEEE802.11ax)」に対応しています。

Wi-Fi6には大きく3つの特長がありますが、従来の規格に比べても性能が格段に向上しており、対応するデバイスで接続することで、その威力を最大限に発揮することができます。

Wi-Fi6のメリット
  1. 超高速なネットワーク通信
  2. 複数デバイス同時通信に強い
  3. 接続デバイスのバッテリーが長持ち
複数台接続でも速くて安定!

複数ユーザーとの同時接続を可能とする多重化技術(OFDMA)と同時通信の技術(MU-MIMO)を採用することで、たくさんのデバイスと同時に通信が可能となり、1つの無線ルーターに複数デバイスからのアクセスが集中しても安定します。

「Archer AX80」では、最大100台まで接続可能なので一般家庭では十分なキャパシティがあります。

ネットワークパフォーマンス結果

ここでは、「Archer AX80」単体での実力を計測してみます。

計測環境
  • 通信環境:上位回線1Gbps CATV光回線、共用LANタイプ
  • テスト空間:鉄筋マンション、100㎡(3~4LDK相当)
  • 計測時間:混雑しそうな午後22時頃
  • 計測ツール:速度はFast.com、状態はWi-Fiミレル利用
  • 設置方法:親機(Archer AX80)をマルメディアコンセント接続
ネットワーク構成図
Archer AX80単体

「Archer AX80」単体でも、従来のArcherシリーズと比べて8ストリームのおかげもあって、カバレッジも広く、すみずみまでカバーできていることがわかります。

スピードもダウンリンク・アップリンクともこのクラスでの必要十分なレベルで、レイテンシーも問題ありません。

一番驚いたのは、電波がすみずみまで広範囲にわたって届いていることです。
離れた部屋(図左下)でも電波状態はよく(緑色)、スピード・レイテンシーの実測値とも満足できるレベルです。

以前レビューした外部アンテナ型のArcher AX72やAX73では下図の通り、親機から離れれば離れるほど電波が弱まり、スピードも落ちていたことからも、1.6GHzクアッドコアCPUと4本の高性能アンテナを内蔵した「Archer AX80」の底力を感じる結果となりました。

【参考】Archer AX72/73での計測結果
※テスト時は上位インターネット回線100Mbps

メッシュWi-Fiにも拡張可能

わが家の環境では居住空間全体に電波が届いていましたが、建物の構造やレイアウトによっては、電波が安定して届かないケースもありがちです。

そんな時でも、Archerシリーズは同社独自のメッシュ規格「TP-Link OneMesh」に対応しているので安心です。

エリア的に電波が弱いところも、中継器を追加することで、カバレッジを拡張することもできます。

参考 メッシュWi-Fiとは(TP-Link公式)

ここがイイネ!ポイント

「Archer AX80」導入後に、電波状態が安定しない場合でも、後付けでネットワークを拡張できるのが〇。

中間機器は最大2台まで増設可能。

OneMesh™対応のWi-Fi 6中継器を組み合わせることで、Wi-Fi6×メッシュWi-Fiによる最強のインターネット網を構築可能です。

1台でもハイパワー!メッシュで拡張も可能!

特長2:IPv6 IPoE(IPv4 over IP6)対応で混雑回避

「Archer AX80」は、次世代のインターネット接続方式「IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)」に対応しています。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)とは?

インターネット通信を行うためのルールを表すインターネットプロトコル(IP)のひとつ。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)のメリットは、一言でいえば、従来のIPv4によるインターネット接続に比べて「ピーク時の混在回避」が期待できること。

従来のIPv4とIPv6は一般道と高速道路で例えられるように、特にネットワーク回線が混みがちな夜間の時間帯はストレスがない接続環境を実感することができます。

混雑回避でストレスのない通信が可能!大容量データの送受信もラクラク!

IPv6は、これまで大多数の人がアクセスしているIPv4(PPPoE)とはまったく別の通信回線となり、より高速で快適なインターネット接続が可能となるわけです。

IPv6 IPoEを利用するためには別途回線契約が必要ですが、4K/8K・VR動画視聴やオンラインゲームもより快適な環境で楽しむことができます。

尚、IPv6 IPoE接続時は「HomeShield」やVPN接続などの機能が利用できません。
これらの機能を併用したいと考えている方はデバイス側でのセキュリティ対策や、他VPNサービスの利用など別手段を検討しましょう。

※IPv6 IPoE対応ISPはこちらを確認してください。
参考(公式サイト) IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応確認済みリスト

ここがイイネ!ポイント

IPoEをすでに契約済みで利用している方であれば、設定いらず。

ONUからLANケーブルをArcher AX80のポートにつなげば、自動検出してネットワーク接続設定が完了します。

次世代インターネット対応で、快適インターネット!

特長3:外部ポートが充実(USB接続、MultiGbE対応)

「Archer AX80」は外部ポートも充実しています。

マルチギガビット対応WAN/LANポート搭載

背面には1GbEポートが4つ(内1つはWAN/LAN共用)あるので、無線接続以外にも安定した有線LAN接続も可能。

また2.5GbEに対応したWAN/LANポートを1つ備えているで、マルチギガビットの有線接続が可能

マルチギガビットイーサネットとは?

一般的に普及する1GbE(1000BASE-T)の通信規格からさらに高速な通信規格(2.5GbE・5GbE)のこと。

4Kや8Kなどの大容量データをすばやく転送できるメリットがあります。

最近では対応規格も増え、安価なCAT5eやCAT6のLANケーブル上で動作するため、導入コストも低く、お手軽に既存LANネットワークを高速化したい方にはおすすめです。

既存LANケーブルを活用して低コストで高速化!

1Gbps以上の高速インターネット回線を契約している方であれば、WANとして使うことでそのメリットを最大限に受けることが可能です。

一方、わが家のように1Gbpsの上位回線の場合でも、家庭内LANでの高速通信として活用できるメリットはあり。

家庭内LANでモスピードメリットは十分発揮!

例えば、2.5GbE対応NASを「Archer AX80」の2.5GbEポートに接続することで、家庭内LAN(CAT5e以上のLANケーブル敷設されたLAN)では、NASにある大容量の動画や写真といったデータを、理論上2.5Gbpsの通信速度でストレスなくみることができます。

実際の通信速度は接続するNASのH/Wスペックに依存するので、この限りではありませんが、スピードは向上します。

簡易NASも構築可能なUSBポート搭載

「Archer AX80」には、背面に高速なUSB3.0ポートを1つ搭載

USBメモリーや外付けHDD・SSDを接続することで、「簡易NAS」の環境を手軽に構築することができます。

Macユーザーであれば、「Time Machine機能」でMacにある全てのファイルをストレージデバイスにバックアップすることも可能です。

お手持の外付けHDDやUSBメモリーがNASになる
簡易NASとは?

Wi-Fiルーターに接続した機器をネットワーク経由で利用できるファイルサーバ機能のこと。

自宅や外出先から、インターネット経由で「簡易NAS」のストレージに保存したデータに、いつでもどこからでも安全にアクセスが可能です。

リモートワークにもピッタリ!

簡易NASの設定はこちらが参考になります。

参考 どのように簡易NAS機能を利用しますか?

また、暗号化されたより安全なインターネット通信をしたい方には、「Archer AX80」のVPNクライアント&サーバー機能を使うとよいでしょう。

VPNプロトコルも、OpenVPN/PPTP/L2TPの3つに対応。

TP-Link公式サイトより

例えば、出先で暗号化されていない外部公衆回線(街中のフリーWi-FiやホテルのWi-Fiなど)から、インターネットにアクセスしたり、自宅のパソコンにあるファイルにアクセスする時に、VPNを使うことで安全に通信を利用することが可能です。

汎用的なOpenVPNサーバーの設定はこちらが参考になります。
参考 OpenVPNサーバー機能の利用に関して

VPNクライアントの設定はこちらが参考になります。
参考 VPNクライアント機能の使い方

ここがイイネ!ポイント

マルチギガビット対応WAN/LANポートや高速なUSB3.0ポートがあるので、ヘビーユーザーにも応える機能性。

リモートワークでも重宝する、安全性の高いVPNがルーター側の設定で簡単に設定できて、無料で使えるのが〇。

基本性能も高く、機能性も十分!

「Archer AX80」のレビューまとめ

総合評価:★★★★★

以上、TP-Link「Archer AX80」のレビューでした。

「Archer AX80」は、Archerシリーズでははじめて縦型設置の可能になった、スリムなWi-Fi6対応ルーターです。

小さな筐体に1.6GHzクアッドコアCPUを搭載し、4本の高性能アンテナで部屋のすみずみまで電波が届く、コスパ優れるハイエンドモデル。

基本的なセキュリティ機能はもちろん、VPNクライアント&サーバー機能も別途ソフトウェア不要で無料で利用できるのも魅力的です。

将来を見据えた拡張性に加えて、必要な機能全部入りルーターとして、現時点で最もおすすめできるコスパ抜群のルーターと言えるでしょう。

レビュー
自宅でも「おうち時間」を楽しく過ごす方法
  • 名作からヒット作品まで、映画やドラマも「見放題」
  • ビジネス書から漫画や雑誌も「読み放題」の読書体験!
  • お好みの音楽が200万曲の中から「聴き放題」

\今なら30日間無料体験/
Amazon Primeを見てみる

Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\青丹よしのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。