【お得】Amazonギフト券をチャージするとポイント還元 >>

Apple TVで「P2P AirPlay」 無線・Wi-Fi環境のない場所でもAirPlayでプレゼンする方法

この記事でわかること

Apple TVのAirPlay機能を使えば、無線LAN・Wi-Fi通信環境がないところでも、お手持ちのデバイスからプロジェクターやテレビにプレゼン資料を投影することができます。
Wi-Fi不要のP2P AirPlayについて解説します。

Apple TVはitunesの映像や音楽コンテンツを楽しむことができるメディア・ストリーミングデバイスです。

テレビの大画面で既存の映像コンテンツサービスを楽しむことができますが、さらにAirPlay(エアプレイ)機能を使うことで、iPhone・iPad・iPod touch・Macなどの写真・動画・音楽などをテレビにストリーミングして投影することができます。

最近になって私がよく使うケースは、会議でプレゼンテーション資料を投影するときです。
AirPlayを使えば、会議の場でパソコンやタブレットの資料をテレビやプロジェクターを通して投影することで、プレゼンテーションすることができます。
特に便利なのが、P2P AirPlay(Peer-to-peer AirPlay)と呼ばれる無線LAN環境のないところでのAirPlayです。

この機能を使えば、インターネット環境のないところでも、MacやiPad、iPhoneなどのプレゼン資料のはいったデバイスとApple TVを直接接続して使うことができます。

dalahast
dalahast

Apple TVを持ち込めば、無線ネットワークが使えない顧客オフィスでも、会議室にあるテレビやプロジェクターを使ってプレゼンテーションが可能です。

AirPlayでプレゼンテーションする方法

AirPlay機能を使って手持ち資料をテレビやプロジェクターに投影する方法は、大きく2つあります。

  • 無線・有線ネットワーク環境での通常のAirPlay
  • デバイスとApple TVを直接接続するP2P Airplay

通常のAirPlayは同じネットワーク環境にあれば、お手持ちのデバイスからApple TVを経由してTVなどへ出力できる機能です。

 

dalahast
dalahast

ただ、これでは常に無線ネットワーク環境が必要となりますので、利用場所が限定されてしまします。

一方、P2P AirPlayはWi-Fi環境なしで接続できるAirPlayのことで、第3世代以降の新しいApple TVで実装された機能です。

利用する際には、Apple TV(対応機種のみ)及びApple TV Softwareのバージョン、そして送出するデバイス(iOS)側のバージョンも確認する必要があります。

dalahast
dalahast

無線ネットワーク環境がなくても利用できるP2P AirPlayには、対応Apple TVが必要です。

P2P AirPlayする方法

P2P AirPlay対応機種

Wi-Fi環境なしでAirPlayができる「P2P AirPlay」は、すべてのApple TVで利用できません。

Apple TV第3世代以上ですが、第3世代は2013年に発売されたモデル「A1469」だけに限定されます。Apple TV第3世代でも2012年に発売されたモデル「A1427」は対象外となっているので注意しましょう。

  • 受信側:Apple TV第3世代(機種番号:A1469以降)または Apple TV 第4世代以上、Apple TV Software 7.0以上
    ※機種番号はApple TVの設定>一般>情報>機種にて確認可能。Apple TV本体裏側・外箱にも記載。
  • 送出側:iOS8以上のiOSデバイス

P2P AirPlayの手順

  1. Apple TVにて、設定画面よりAirPlayをオン
  2. iPhone(送出側としてiPhoneを使う場合)の設定画面より、Wi-FiおよびBluetooth両方ともオン ※重要
  3. iPhone(送出側)のコントロールセンターより、AirPlayをタップして起動
  4. Apple TVをタップして選択して、AirPlay開始

※Apple TVを接続したディスプレイ側に4桁の「AirPlayパスコード」が表示された場合、iPhone(送出側)に4桁のパスコードを入力することで接続します。
※Apple TV側のAirPlay設定で、「デバイスの検証が必要」をオフにすることで回避できます。

参考 AirPlay でビデオをストリーミングする方法やデバイスの画面をミラーリングする方法

古いApple TVでP2P AirPlayする方法

残念ながら、無線ネットワーク環境がないと古いApple TVではAirPlayすることができません。

ただ、iPhoneのテザリング機能(iPhoneのインターネット共有機能)を使って、iPhoneを無線ルーターとみなすことで、Apple TVをiPhoneに接続してAirPlayすることは可能です。

これはP2P AirPlayではありませんが、Wi-Fi環境のない場所でも古いApple TVを有効活用することができます。
※厳密にいえば、送出側の通信回線を使っていますので全くネットワーク環境梨とは言えませんが。

もちろん通信回線料がかかるので、スマホのデータ通信契約内容によっては注意が必要です。

AirPlayで効率よくプレゼンテーション

これまで自宅での映像コンテンツ視聴の際にAirPlayを使うことが多かったのですが、最近になって外出先でもAirPlayをつかってプレゼンテーションをすることがあり、調べてみました。

P2P AirPlay機能を使うことで、自宅のリビングでのAirPlay以外にも用途は広がります。

無線LAN・Wi-Fi通信環境のない会社での会議におけるプレゼンテーションや、学校やセミナーでの講義の時にも非常にフレキシブルにプレゼンテーションをおこなうことができるので、今後ますます利用する機会も増えてきそうです。

P2P AirPlayにも対応した最新Apple TVはこちら。

ライフハック
自宅でも「おうち時間」を楽しく過ごす方法
  • 名作からヒット作品まで、映画やドラマも「見放題」
  • ビジネス書から漫画や雑誌も「読み放題」の読書体験!
  • お好みの音楽が200万曲の中から「聴き放題」

\今なら30日間無料体験/
Amazon Primeを見てみる

Amazonでお得に買物する方法

Amazonで少しでもお得に買い物をするなら、Amazonでの買い物に使える「Amazonギフト券」の購入チャージがオススメです。
通常会員は最大2.0% プライム会員は最大2.5%もポイントで還元されるので、Amazonで購入する前に現金チャージするとお得です。

この記事を書いたのは

dalahast_shikaku2

dalahast(ダーラヘスト; @dalahast_jp)です。ほぼ週末限定の趣味のお料理以外に日々の暮らしのなかで興味をもったこと等を 気の向くままに徒然に綴っています。
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
\dalahastのフォローはこちら/
dalahast.jp 週末限定ビストロパパの日常関心空間
テキストのコピーはできません。